昨年に続き、豊岡市立歴史博物館での「みゅーじあむ寄席」を開催することになりました。12月、1月、2月に毎月1回、計3回、それぞれテーマを決めて、落語を聴いていただき、歴史博物館の学芸員の方の説明でさらに知識を深めていただこうという企画です。名付けて「笑って学ぶ!江戸時代2」。参加費は無料ですが、定員は50名限定です。今回のテーマは「江戸時代の交通」。江戸時代の主な交通は、船と駕籠。そこで、小ん南さんの「兵庫船」と丹馬の「住吉駕籠」を聴いていただきました。間に、交通とは関係ありませんが、あいすちゃんの「釜泥」をはさみました。学芸員の仲田周平さんのお話で、江戸時代の交通事情がよくわかりました。駕籠って意外と高級タクシー的ですし、逆に船はかなり割安感があったんですね。次回は1月13日、テーマは「江戸時代のお正月」です。
a0373514_15242149.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。



[PR]
by tokiudon-otamausi | 2017-12-16 21:00 | コラボ | Comments(0)