宿泊先の末廣館を9時に出て新潟市江南区文化会館へ。ひろーい新潟平野の中にドーンと立つ大きな会館です。その中の演劇音楽ホールはキャパ約400。せり上がるような客席ですので、目線をかなり高めにして演じます。開口の美豚くん。もう高校3年生だそうですが、若者に似合わず、昭和歌謡をふんだんに盛り込んで開口の役割をきちんとこなしました。誰がトリをとってもおかしくない、こんな素晴らしいメンバーの中でトリをつとめさせていただくのは、ほんとに光栄ですし、素直に嬉しいです。15分間の中入りを挟んで4時間3分。きょうも大いに笑っていただき、最後にちょっぴりホロッとしていただきました。お見送りの際、たくさんのお客さまに嬉しいお声がけをいただき、握手を求められました。そして、打ち上げ。いつになく美酒をたくさんいただき、高揚した神経を和らげることができました。江南区文化会館の皆さま、新潟大学落語研究会の皆さま、出演者とそのご家族を含めたスタッフの皆さま、ご来場のお客さま、ほんとうにありがとうございました。また、2年後にお目にかかれるのを楽しみにしております。帰路には何と10時間を要しましたが、楽しく充実した1250kmの旅でした。
a0373514_10073441.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2017-10-01 23:00 | 全国社会人落語祭り | Comments(0)