2018年 05月 13日 ( 1 )

入院患者さんだけでなく、一般の方も多く来ていただけたので、いい反応で笑っていただけました。丹馬はいつもの「笑いの準備体操」をさせてもらいましたが、久しぶりの高座のせいか、のどが悲鳴をあげ始めました。冗談でなく、やはり授業が発声練習になっていたのだと実感。これからは普段から発声練習に励もうと、決意を新たにした次第です。小ん南さんの高座の間にのど飴をなめて回復させ、ネタおろしの「大仏の目」。まずまずの反応をいただきましたので、他でも高座にかけていこうと思います。
a0373514_20381789.jpg


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-05-13 20:50 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)