昨年の秋風亭てい朝さんとの「二人会」に続いて、今年は福岡の川崎亭好朝さんとの「二人会」です。好朝さんは大学の落研の後輩。丹馬より10歳年下ですが、落語の腕前はかなり上です。状況に応じたネタ選び、エネルギッシュな高座、江戸落語でありながらかなり上方っぽい演じ方、他の追随を許さない個性が光るプロのようなアマ噺家です。会場は出石永楽館。平日の夜ということもあり、お客さまの数は122人とちょっと少なかったのが残念でしたが、開口のそよかぜちゃんからたくさん笑っていただけました。そよかぜちゃん、ほとんどネタおろしに近い「浮世根問」のすべてのクスグリで笑いをとって堂々と演じました。中入り後のまろにぃちゃんも自分で考えたマクラから入り、確実に笑いをとっていましたが、思わぬ落とし穴が…。でも、動じずにきちんとやりきりました。温かいお客さまにも助けられて、丹馬もやり切った感。いつの間にか風邪が吹き飛んでおりました。お見送りのときのお客さまの表情やお言葉がとっても嬉しく、次回への励みになりました。たくさんの皆さまにサポートしていただきました。ホントに感謝!感謝です!
a0373514_17021619.jpg


by tokiudon-otamausi | 2018-10-12 23:00 | 二人会 | Comments(0)

夏から準備を進めてきた「丹馬・てい朝二人会」の本番です。台風と秋雨前線の影響で雨が降る中、どれだけお客様が来てくださるか心配でしたが、約200人のお客様にご来場いただきました。てい朝さんとは40年以上のお付き合いで、これまでたくさんの刺激をいただいてきましたので、永楽館での「二人会」はこれまでの感謝の気持ちを込めての開催です。開口は春乃そよかぜちゃん。きょうのために1か月あまり毎週稽古会をしましたが、その成果をきちんと発揮してくれました。一福さん、小ん南さんのナマ下座は、やっぱり気持ちがいいです。温かいお客様の反応と相まって、どんどん自分が乗せられていくのを感じます。出石高校吹奏楽部の応援も得て、飽きさせない2時間半になったと思います。お見送りするお客さまの笑顔に励まされ、次への意欲がわいてきます。ご来場のお客さまに、支えてくださる仲間とスタッフの皆さまに、感謝!感謝!です。
a0373514_22445223.jpg


ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。

by tokiudon-otamausi | 2017-10-21 22:46 | 二人会 | Comments(0)