人気ブログランキング |

4つめの会場は直方市の「ユメニティのおがた」で午後2時からの開演。午前中は酔書さん、おーびーさんたちの案内で宗像大社に参詣し、弁天様の総本宮ということで音楽や芸能、芸術の神様に落語の上達を祈願しました。「ユメニティのおがた」の小ホールは円形のこじんまりとした落語向きの空間で、気持ちよくつとめさせていただきました。丹馬は開口でウケはまずまず。雰囲気は作れたのではないかと思います。猿之助さん以降の演者がきっちり盛り上げてくださり、トリの圓九さんと下座の皆さんが「蛸芝居」で見事に4公演を締めくくってくださいました。3日間でのべ1000人近いお客様にご来場いただきました。ご来場のお客様に心から御礼申し上げます。また、各ホールのスタッフの皆様のお力とお心遣いに感謝します。出演者、下座だけでなく、関係者すべてのご協力があってこその「全国アマ落語名人会」。今回もたくさんの宝物を頂戴しました。ありがとうございました!
a0373514_15214985.jpg

by tokiudon-otamausi | 2011-12-04 23:00 | アマ落語競演会 | Comments(0)

宗像ユリックスのハーモニーホールは622席。落語会としてはかなり大きなホールです。そこが満席!…とはなりませんでしたが、かなり一杯に見えるお客様が入場してくださいました。第1回のときには、この大きな会場で大爆笑を誘う出演者を舞台袖でうらやましく見ておりましたので、丹馬にとっては念願の出演となりました。お客様の反応がとてもよく、気持ちよくつとめさせていただきました。宗像ユリックスのふだんの活動が地域の人たちの文化的レベルを高めているのでしょう。そんなことを感じさせるお客様の反応のよさがありました。終演後、楽屋のホワイトボードに「お疲れ様でした!ありがとうございました!」というスタッフからの嬉しいメッセージがありました。打ち上げが大いに盛り上がったのは言うまでもありません。
a0373514_15240819.jpg

by tokiudon-otamausi | 2011-12-03 23:00 | アマ落語競演会 | Comments(0)

前夜の打ち上げがお開きになったのは深夜1時でした。丹馬が寝たのは2時。二次会に出かけた人はもっと遅かったはずです。丹馬は早朝6時に起きて電車で二日市へ。紫よいさんのご案内で大宰府天満宮へ行き、学業成就のお札をゲットしました。博多に戻って皆さんと合流し、今回2つ目の会場・レスポアール久山へ移動。ここで東京から参加の柳花楼扇生さんと初対面のご挨拶。下座の小きぬ社中の皆さんや小いもさんとは1年ぶりの対面。ちろりさん、圓九さんも合流して、一気ににぎやかな集団と化しました。レスポア-ル久山での公演は午後1時の開演。出番のなかった丹馬は後方の客席でじっくり鑑賞させていただきました。艶笑さんの「薮入り」に涙するお客様多数。特にちろりさんが号泣。終演後はすぐに宗像ユリックスへ。
a0373514_15264032.jpg

by tokiudon-otamausi | 2011-12-03 22:00 | アマ落語競演会 | Comments(0)

2009年に続く2回目の「全国アマ落語名人会2011」は、全国から集まった14人の出演者が3日間に4会場で共演。まずは、ミリカローデン那珂川での公演からスタート。北海道から参加の壱風亭福升さんとは初めてお目にかかりましたが、他の出演者とは互いに旧知の間柄。幼馴染の集まりのような雰囲気のまま開演。和室に並べた椅子180席が埋まり、開口の酔書さんの高座からずっと場内は爆笑の連続。一人ひとりの高座の出来もよかったのですが、落語会全体の構成がよく、いい落語会になったと思います。お蔭さまで、いい雰囲気のままトリをつとめさせてもらいました。他の演者、和十文さんはじめ下座の皆さんに感謝。会場のミリカローデン那珂川のスタッフの皆さんの優しいお心遣いにも感謝。「全国アマ落語名人会」は好調なスタートをきりました。
a0373514_15300087.jpg

by tokiudon-otamausi | 2011-12-02 23:00 | アマ落語競演会 | Comments(0)

いずし落語笑学校稽古会

「いずし落語笑学校」の稽古場ができました。立派な表札もできて嬉しくなります。「〇〇亭」なんて名前が付くといいですね。ただいま名前を募集中。稽古場だけでなく、発表の場としても使えそうです。大いに利用していきたいものです。次回の公演が3月16日と決定しました。
a0373514_15322348.jpg

by tokiudon-otamausi | 2011-12-01 23:00 | 稽古会 | Comments(0)