人気ブログランキング |

第4部は、これを色物と扱っていいのかどうか迷いますが、豊蝶さんの「面白浄瑠璃」から始まりました。これがまぁ面白い。四国から参加のみっちさん、岡山から参加の三ん生さんも独自の世界を広げてくれます。大トリは虎や志さんの美空ひばりたっぷりの「紙屑屋」の熱演。お客様も最後の力を振り絞って7時間以上に及ぶ落語会がお開きになりました。27高座、出演者30名。また新しい落語仲間と出会えました。打ち上げ会場「虎太郎」には、例によって河鹿さんの明るい大声が響き渡っておりました。
a0373514_21284144.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-08-17 23:00 | 賛助出演 | Comments(0)

第2部には母子の連続高座がありましたが、第3部は夫婦の連続高座という見せ場もありました。私だけでなく、お客様の疲れもそろそろピークに達したようです。こんなときに色物はありがたいです。今回の企画でも色物がかなり重要な役割を果たしていました。やはり、番組構成というのは大切だなぁ…なんて思いながら高座へ。ちろりさんの三味線で「お玉牛」をやらせていただきました。疲れておられるはずのお客様がよく笑ってくださって、感謝、感謝。
a0373514_21314845.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-08-17 22:00 | 賛助出演 | Comments(0)

池田市、いけだ市民文化振興財団が後援です。高座がとってもよくできてます。落語のためのセットを用意していただきました。これも「落語工房ちりとてちんの会」の皆さんの日頃の努力とお付き合いの良さの賜物でしょう。第2部もバラエティに富んだ出演者がそろいましたが、中学生・大我くんの「寄合酒」には驚きました。太鼓もできるし三味線もできる素人落語界のスーパースターになるんやないかしらん。初めて聴いたネタ「星が丘夫人…」。いろんな落語がありますなぁ。感心したり、ソデで大笑いしたり、昼食を食べるのも忘れて聞き入っておりました。が、このあたりでかなり脳の疲れを感じつつありました。
a0373514_21340433.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-08-17 21:00 | 賛助出演 | Comments(0)

「落語工房ちりとてちんの会」のプロデュースによる「素人落語まつりin池田2013」というトンデモナイ企画の落語会に出演依頼を受け、参加させていただきました。何がトンデモナイかというと、朝10時から始めて夕方17時15分終演予定という聴いてくださるお客様の体調を無視したような落語会。しかしまぁ、そのバイタリティーには頭が下がります。間に15分程度の休憩が3回あるとはいうものの、お客様に昼食を食べる隙さえ与えないこの企画に、早いお方は開場前からやって来られました。二番太鼓が鳴っているときにお客様80名、その後も増えていきました。世の中、恐いもん知らずが多い…いやいや、ご熱心なお客様にひたすら感謝、感謝です。第1部は、個性豊かな明るい高座が続き、南京玉すだれで気分転換。新潟から参加の楽々さんがしっかり締めてもうこれだけで1回分の寄席の満足感を味わえました。
a0373514_21354110.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-08-17 20:00 | 賛助出演 | Comments(0)

落語inおおや!の翌日は、昨日の紙切りのお題に出てきた「竹田城」を遠くから見学して、三木市へ移動。これまで少しお客様がかたかったのですが、これを解消するため、客席の椅子の配置を変えていただいたり、客席の周囲を衝立で囲っていただいたり、音響装置を客席から見えないようにしていただいたり、…いろいろ注文をつけましたが、スタッフの皆さまが快く動いてくださったおかげでとっても笑いの多い落語会になりました。お客様は200人を超え、三木にこの落語会が定着してきた感があります。「身震いするほど笑った」「体調がすぐれなかったが笑ったおかげで元気になった」など、嬉しい声がたくさん届きました。神戸新聞の取材を受け、翌日の新聞に載せていただきました。
a0373514_21374487.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-08-04 23:00 | さんあい亭 | Comments(0)

”先生!出番です!”というサブタイトルで、今回は医師、教師、弁護士のアマチュア落語家に集まっていただきました。せっかく大屋に来ていただいたので、午前中は明延鉱山跡の坑道を見学。気温13℃の世界で研修を深めました。12時から準備開始。ハメモノの合わせをしていると、開場前に入り口には長蛇の列という嬉しい知らせが聞こえてきました。会場は満席で、開口の玄張さんから大きな笑い声が会場いっぱいに響きます。酔書さんの紙切りも冴え、安定感の栄歌さんも爆笑の連続。下座の三味線はやん愚さんと一福さんの二丁です。駄咲さんは江戸落語にハメモノを入れる挑戦も。そして、トリは虎や志さん。美空ひばりたっぷりの「替り目」に拍手喝采のお年寄り。果て太鼓とともに会場を出られるお客様の笑顔がすべてを物語っていました。打ち上げは大屋文化振興会の皆さんとともに大いに盛り上がりました。
a0373514_21411004.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-08-03 23:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

横行区から15分遅れで予定通り若杉区の出前寄席も、はにぃちゃんの開口一番で始まりました。駄咲さんの「あくび指南」が終わっても、次の演者の酔書さんが到着しないため、駄咲さんは急遽、小噺で場つなぎ。あとは順調に進みました。終演後はおおやホールの設営を見てから、ペンションへ。ちょっとした手違いで、夕食は弁当に変わりましたが、その豪華さにビックリ。お酒に強いのは虎や志さんだけで、あとのメンバーはお酒に弱い人と未成年。少量のお酒で落語談義に花が咲きました。
a0373514_21464828.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-08-02 23:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

「落語inおおや!全国素人名人会」の前夜祭は、今年も横行区と若杉区なりました。出演者は午後4時~5時に大屋地域局前に集合して、ペンション翡翠にチェックインしたあと、スタッフの車で横行区へ(一部の出演者は若杉区へ)。横行区への出前寄席は通算4回目。いつも何となく空気がかたいのですが、今回は酔書さんの紙切りから空気が一変しました。会場からなかなかお題が出ませんでしたが、やっと出たお題が「網にかかった鹿」!…これには楽屋一同大笑い。さあどうする、酔書さん。固唾をのんで見守りました。出演者は高座をおりてきたら、着物のままで若杉区へ移動。最後に1人残った虎や志さん、ADP(頭でピアニカ)で締めくくりました。
a0373514_21483172.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-08-02 22:00 | 落語inおおや! | Comments(0)