人気ブログランキング |

この日の豊岡市の気温は38.7℃で、日本2位の猛暑となりました。どうせならもう0.1度高くて1位だったらよかったのに…なんて声もありましたが、とにかく暑い。暑過ぎたのでしょうか、他のイベントもあったためでしょうか、ちょっと空席の目立つ客席になりました。しかし、こんな暑い日にも来てくださるお客様に感謝して、一生懸命のお喋りです。今回は笑年団のふるぅ亭桃ちゃんが落語デビュー。最近の小ん南さんは新作が似合うようです。長大くんが熱を出して出演できなかったのが残念。反応のいいお客様に感謝です。
a0373514_16500308.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-26 23:00 | ふれ愛亭 | Comments(0)

ホテル・アルファワン新居浜を7時半に出て、西條神社へ。今年もここにしかない「キティちゃんお守り」をゲットしました。ついでに合格鉛筆(五角鉛筆)も。落語会のほうは虎ふくさんの開口です。「動物園」はすっかり自分のものになっていて、ほどよく会場が温まりました。圓九さんの「火焔太鼓」を聴いて、いくつかクスグリを頂戴しました。てい朝さんの落ち着いた喋りがここのお客さまにはちょうど合うみたい。時事のクスグリもよくウケてました。無眠さんの「マキシム・ド・ゼンザイ」と酔書さんの「試し酒」で、お客様は十分過ぎるほど食べて飲んだ気になったのでは? でも…、お昼は恒例のうどん店へ。
a0373514_16555256.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-20 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

梅雨が明けて強い日差しの中、西条市中央公民館へ。一昨年もこの会場でした。高校2年生になった小う志くんの開口で、今年の「四国大落語祭」の最終公演の始まりです。虎や志さんはここでも人気者。猿之助さんの「老婆の休日」に会場は爆笑の連続。酔書さんの紙切りで上手く雰囲気を変えて丹馬にバトンタッチをしてくださいました。色物の存在はほんとにありがたいものです。予想以上の反応をいただいて、気持ちよく「井戸の茶碗」で中トリをつとめさせてもらいました。中入り後のてい朝さんの「紙入れ」と栄歌さんの「七段目」は、今年の四国大落語祭の締めくくりに相応しい名人芸でした。10年間、下座でこの落語会を支えてくださったたらこさんが今回で卒業とのこと。ありがとうございました。この落語祭の継続とさらなる発展を祈念します。
a0373514_16064134.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-20 20:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

会場は昼と同じ新居浜市市民センター。前半は軽い噺ではありますが、きっちり笑いをとり、会場を温めてくださり、圓九さんの圧巻「蛸芝居」で会場をうならせます。トリは虎や志さんのハメモノたっぷりの「死神」に会場は沸きました。丹馬は、この2人に挟まれ、下座の皆さんにお休みいただいている間の「鹿政談」。埋没してしまうのではないかと思いましたが、案外聴いていただけました。素晴らしいメンバーのおかげで自分の力量が引き上げられるような気がします。個人芸でありながら集団芸とでもいいましょうか、チームプレイで落語会全体の価値が高まる。そんな心地良さがありました。打ち上げは、いつもの「あぶら家」さんで、美味い料理と落語談義に包まれておりました。
a0373514_16574632.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-19 23:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

新居浜市繁本町の新居浜市市民センターへ移動。ここでは出番がないので、客席の後方でゆっくり観客の一人になって鑑賞させてもらいました。地元の人気者・らくさぶろうさんにはオーラを感じます。落語ができるタレントではなくて、トークの上手い落語家です。開口の鵜飼さんからトリの無眠さんまで、新作あり古典あり、聴かせる噺あり爆笑噺あり、ハメモノの入る噺、そして紙切り…いろんな味付けのフルコースを頂いたような満腹感がありました。満腹感はありましたが、ちょいと軽く腹ごしらえのため、近くのお蕎麦屋さんへ。
a0373514_17002017.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-19 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

今年も四国大落語祭の始まりです。何と今年で10周年。丹馬は午前4時に起きて4時半に我が家を出発し、4時間ちょうどで最初の会場・新居浜市下泉町の「どんでんどん」に到着。「どんでん寄席」を主催していただいている社会福祉法人・花咲会も10周年とのことでお祝いのタオルを頂戴しました。写真は無眠さん提供。それにしても、みんないい顔をしてますなぁ。お客様に楽しんでいただくためには、まず自分が楽しまなくっちゃ。楽しい2日間、5会場の公演の始まり、始まりぃ~。
a0373514_17021414.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-19 21:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

今回の会場は、こじんまりとした研修ルームです。開演20分前にはお客様が2人だけでどうなるのかと心配しましたが、開演時間になると、たくさんの方にご来場いただけました。広いところよりもアットホームな感じになるのか、笑いをリードしてくださる方があったお陰か、いつもより大きな笑い声が起こりました。小ん南さんは久しぶりの「子ほめ」。丹馬は短めの「鹿政談」。マエストロ足立さんの手作り楽器は、きょうはなぜか不調のものがありましたが、それも笑いの材料になります。
by tokiudon-otamausi | 2014-07-13 23:00 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)

たんたん落語笑年団の子どもたちの度胸は大したもんです。それなりに緊張はしているのでしょうが、堂々と演じます。お客様のアンケートにも子どもたちにたくさんお褒めの言葉がありました。中でも、きょうのヒロインはまろにぃちゃん、そしてヒーローは小ん南さんでした。マエストロ足立さんの新作楽器も喜んでいただけました。玄張さん、河鹿さんも個性的で、なおかつ全体の流れも良かったのではないかと思います。今回も一福さんのおかげでナマ下座を楽しんでいただけました。好評の陰の功労者は下座かもしれません。丹馬は坊主頭の最初の高座。奉行の噺なので、初めて袴も着けてみました。
a0373514_18260003.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-05 23:00 | たんたん落語会 | Comments(0)

7月26日の「第18回ふれ愛亭」の広報のために、ついでに本日行われる「第47回たんたん落語会」の広報も兼ねて、いつものように西村基さんの番組「TOYOOKAほっとスタジオ」に出演させていただきました。小ん南さんと小噺を3つずつ。基さんも、号泣県議の話題から自作の小噺を披露。時事ネタをとり入れるあたり、流石です。私の小噺で一番ウケが良かったのは…『馬の数え方』
子「お父さん、あそこに牛が2匹おるなぁ」
父「おい、牛はな1頭、2頭と数えるんや」
子「ふーん、そしたら、馬は?」
父「馬は…、1着、2着や」
a0373514_18293346.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-05 23:00 | ラジオ出演 | Comments(0)