人気ブログランキング |

豊岡市「弥栄区敬老会」

10年前の2006年にお声掛けをいただいた豊岡市弥栄区に再びお邪魔することになりました。10年前の高座を覚えていてくださっただけでなく、そのときの写真をプレゼントしていただいたりして大変恐縮です。あのとき一緒に出演した、当時小学6年生だった「ひけし家笑坊」くんはもう大学4年生です。きょう一緒に出演した、中学1年生の勝亭長大くんは、10年後、どんな青年になっているのでしょう?…なんて考えながらの高座でした。お弁当、お茶、シュークリームなどなど、お土産をたくさん頂戴しました。
a0373514_10532932.jpg


by tokiudon-otamausi | 2016-05-22 23:00 | 敬老会 | Comments(0)

嬉しいことに、新田地区公民館で行われている高齢者教室の開講式に3年連続でご招待いただいております。あいすちゃんがちょっと長めの小噺「酒のかす」を上手に演じ、開口の役割を十分に果たしてくれました。6月12日の「子ども落語会」が楽しみです。丹馬は久しぶりに「鹿政談」をやってみました。学習意欲の旺盛な皆さんにはちょうど良かったようで、とてもいい反応をいただきました。帰りに「楽しい時間をありがとう!」という嬉しいお言葉も頂戴しました。こちらこそ「ありがとう!」です。
a0373514_11012130.jpg


by tokiudon-otamausi | 2016-05-21 23:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

昼食後、少しくつろぐ時間があり、午後の部の開会です。午後の部は参加者がやや少なめでしたが、笑い声の大きさは午前の部に負けていませんでした。とても反応よく笑っていただき、気持ちよくつとめさせていただきました。玄関でお見送りのときも嬉しいお声掛けをたくさん頂戴しました。終演後は、隣接する丹波竜化石工房「ちーたんの館」を見学。丹波竜の実物大15mの全身骨格模型を見てきました。
a0373514_11210911.jpg


by tokiudon-otamausi | 2016-05-12 23:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

丹波市山南町の老人大学「やまなみ大学」の開講式に呼んでいただきました。丹馬が山南町で落語をやらせてもらうのは初めてです。「やまなみ大学」の受講者は401人だそうで、会場のやまなみホールに一度に入れないので、午前・午後の2回公演ということになりました。まずは、熊本地震で犠牲になられた方への黙祷。セレモニーの後、我々の出番です。さすが老人大学で学ぼうという意欲のある皆さん、とても反応よく笑っていただけました。昼食は近くの喫茶店へ。ご馳走さまでした。
a0373514_11241721.jpg


by tokiudon-otamausi | 2016-05-12 22:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

養父市「丹戸区敬老会」

養父市の丹戸区から初めてお声掛けをいただき、マエストロ足立さんと一緒にお邪魔をしてきました。鉢伏高原に近い急な坂道にある集落だけに、ふだんから足腰が鍛えられているのでしょう、お年寄りたちは皆元気です。公民館まで歩いて来られない人はほとんどいないという話でした。落語をナマで聴くのも見るのも初めて!という方ばかり。丹馬の落語を聴いて落語はつまらんなんて思われると落語に対して申し訳ないので、一生懸命のお喋りです。たくさんの笑いと拍手と花束まで頂戴しました。ありがとうございました。
a0373514_14051782.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-05-09 23:00 | 敬老会 | Comments(0)

川口屋城崎リバーサイドホテルの美味しい食事を完全に食べきらないで退席(ムムム、ちょっと心残り)し、一路八鹿へ。河鹿さんとはにぃちゃんは着物のままで移動です。奇数月の第2日曜日は恒例の八鹿病院寄席です。もう64回を数えます。ふだんあまり高座にかけない噺をやらせてもらおうと、久しぶりの「花筏」を、故・桂米紫師匠のやり方でたっぷり40分。最後までしっかり聴いてくださいました。
a0373514_14075822.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-05-08 23:00 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)

きょうは「母の日」です。それにちなんで「趣味の呉服 ゆうき」さんが面白い企画を考えてくださいました。母の日に母娘で着物を着て、落語を聴いて、美味しい食事をして、城崎の街を散策して、記念撮影をして…という企画です。せっかくいい着物を持っていても、それを着る機会が少ないというのが多くの方の現実。そこで、着物を着て楽しむ機会を提供しようというわけです。お客様が全員着物というのは、20歳代のときに東京芝浦でやったことがありますが、それ以来です。“和”の雰囲気が漂っていていいもんです。この企画をされた「ゆうき」のご番頭は、なんと元兵庫県警の警察官だった方。でも、柔らかな物腰の素敵な方です。奥様もお嬢様も感じのいいご家族で、気持ちよくつとめさせていただきました。これはもう定期開催にして欲しい企画です。
a0373514_14100298.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-05-08 23:00 | コラボ | Comments(0)

いずし笑学校へのご依頼で、四十八さんと一緒に出石町丸中区の敬老会にお邪魔しました。GW真っ只中で、いずし笑学校のメンバーの多くは大忙しのため、丹馬が助っ人です。我々の出番の前に、地区の子どもたち5人による楽器演奏がありました。ほのぼのとした温かみのある敬老会です。四十八さんがお得意の「ぜんざい公社」で場を温めていただいて丹馬へバトンタッチ。お年寄りは10人弱ですが、お世話をされている皆さんや子どもたちも一緒に聴いてくださいましたので、子どもたちにもわかりやすいところで「ときうどん」を一席。
a0373514_14124479.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-05-01 23:00 | 敬老会 | Comments(0)