人気ブログランキング |

<   2016年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

きのうの「第10回落語inおおや!全国素人名人会」の様子が朝日新聞で紹介されました。
a0373514_13011447.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-31 23:30 | 新聞記事など | Comments(0)

「たじま長寿の郷」から2時間かけて三木市市民活動センターへ移動。いつものスタッフの皆さんに加えて、今年はボランティア365のメンバーも手伝いに来てくれました。今年も豪華なお昼のお弁当を頂戴した後、マイクテストや音合わせ、その間に早いお客様がご来場です。ほぼ満席の約200人のお客様にご来場いただき、開口からよく笑っていただきました。京都から都若さん、まきぞうさんも応援に駆け付けてくださり、下座に加わっていただきました。毎回ご来場くださるお客様も多く、「来年もまた来ます!」と、たくさんお声掛けをいただきました。片づけを終えてセンター前で記念撮影をして解散。落語三昧の3日間を終えて、心地よい疲労と安堵感と寂しさがごちゃ混ぜになったまま、帰路につきました。
a0373514_19251980.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-31 23:00 | さんあい亭 | Comments(0)

早いもので10回目を迎えた「落語inおおや!全国素人名人会」。全国のアマチュア落語家から選りすぐりの人たちをおおやホールに招き、演じていただきます。午前中は出演者の皆さんを城崎温泉にご案内しました。今回の開口は、たんたん落語笑年団の春乃そよかぜちゃん。わずか1分間の小噺ですが、お客様をすーっと落語の世界に引き込んでくれました。初登場の千壱夜舞歌さんが彼女ならではの「動物園」。他の演者もそれぞれ個性的で、客席も楽屋も楽しめました。特筆すべきは出囃子です。「宇宙戦艦ヤマト」、「アフリカンシンフォニー」まで飛び出しました。終演後は、大屋町の「いろり」でスタッフの皆さんと交流会・但馬牛、鹿肉の燻製、高原野菜など、地元の食材を使った美味しいものをたくさんいただきながら、笑いの絶えない宴が続きました。10年の節目を迎えましたが、来年度からもまた新たな歩みを続けていくことを確認してお開きになりました。ご出演の皆さん、下座の皆さん、支えていただいたスタッフの皆さん、そして何よりキャパ155席のおおやホールに170人も来てくださったお客様に感謝、感謝です。
a0373514_19284579.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-30 23:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

蔵垣区と筏区は比較的近いので、蔵垣区での出番を終えて筏区に行くとちょうど河鹿さんがこれから蔵垣区に向かうところでした。丹馬のネタは季節に合わせて蔵垣区と同じ「夏の医者」を考えていましたが、前の出番の栄歌さんが自作の「風邪医者」をやり始めました。医者、下痢など、同じような言葉が出てきます。いわゆる「ネタがつく」というやつです。持ち時間は17分。「宿題」か「尿瓶の花活け」か、ウム、客席の子の様子では…。頭の中でいくつかのネタが浮かんでは消えます。まさに、この出前寄席の醍醐味です。悩んだ末に「ときうどん」。2会場の出前寄席を終えて、長寿の郷のコテージへ。質素な打ち上げで、深夜まで楽しい語らいが続きました。
a0373514_19312233.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-29 23:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

全国から素晴らしいアマチュア落語家の皆さんが養父市大屋町に来てくださる「落語inおおや!全国素人名人会」が第10回目を迎えました。いつものように、前夜は大屋町内の2か所で同時開催の「出前寄席」を行います。今年は、蔵垣区と筏区です。蔵垣区は毎年2月に落語会を開催してもらっていますので、お馴染みの会場。朝、9時から会場設営です。出演者の皆さんは4時過ぎに全員お揃いで、大屋町の「かいこの里」で「くわうどん(桑の葉入りのうどん)」と「こんちくしょう(蒟蒻+竹輪+生姜)」で夕食。これが美味い! 蔵垣区では和十文さんの三味線、小ん南さん他の太鼓でナマ下座。約80人のお客様にご来場いただき、よく笑っていただきました。丹馬、酔書さん、舞歌さんは蔵垣区の出番を終えると筏区へ移動です。入れ替わりに筏区で一席終えた河鹿さん、栄歌さん、虎や志さんが蔵垣区へ移動してきます。
a0373514_19355210.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-29 22:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

三木市社会福祉協議会の呼びかけに集まった「三木市ボランティアクラブ365」のメンバーが、三木市内のお年寄りや子どもたちを元気にする場所をつくろうと、落語に挑戦することになりました。その熱い思いに賛同して、丹馬もお手伝いをさせてもらいます。メンバーは高校生、大学生、大学院生、社会人。ナマの落語を聴いたことがないという人が多かったので、まずは私の落語「夏の医者」を聴いてもらいました。そして、一口小噺で落語の基本を覚えてもらいました。次回の稽古会は2週間後。それまでに自分の芸名を考えるのが宿題です。数か月後には人前で演じることができるようにしたいと思います。頑張ろう、ねっ!
a0373514_19385369.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-26 23:00 | 落語教室 | Comments(0)

元職場の先輩である谷垣先生が区長をされている日高町の羽尻区に約15年ぶりにお邪魔しました。以前に来たときは、高校の落語研究会の生徒たちと一緒でしたが、今回はまろにぃちゃんと一緒です。会場は羽尻区の活性化センター。「健康教室」ということで、これまた、元職場の先輩の藤川先生の健康体操とのコラボです。笑って健康に!体操で健康に!というわけで、心と体を元気にしていただこうという企画です。約30人の区民の皆さんにご参加いただきました。
a0373514_19410763.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-24 23:00 | 健康講座・健康教室 | Comments(0)

約70人の団体のお客様を含め、200人を超えるお客様にご来場いただきました。ありがたいことです。これまで冬は昼、夏は夜というパターンで開催してきましたが、これなら夏も昼までいいのではないかと思います。前回から笑年団の子どもたちには長めの小噺を大人に混じってやってもらっていますが、番組が単調にならないとなかなか好評です。今回はあいすちゃんが長いネタ。金角くんがデビューしました。終演後、出演者と笑年団の保護者の皆さんと一緒に香住の花火を見に行きました。これがほんとの「打ち上げ」…なんちゃって。海上に打ち上がる花火は見ごたえ十分でした。
a0373514_19432368.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-23 23:00 | ふれ愛亭 | Comments(0)

7月22日~11月29日、豊岡市内で繰り広げられるさまざまな文化的な催し物を「アートの祭典」としてまとめようということで、「豊岡アートシーズン2016」が開幕。約4か月にわたって、豊岡市内の各ホールや各ミュージアムで、演劇・ダンス・歌舞伎・落語・コンサート・展覧会など、個性的な34のプログラムが展開されます。そのキックオフイベントとして、「とよおかアート縁日」が豊岡市民プラザで開催され、丹馬はその2部の司会をさせていただきました。1部は豊岡市内の高校生を主にしたステージ、2部は一般のステージです。劇作家の平田オリザさんと中貝豊岡市長の対談もありました。久しぶりの司会で緊張しましたが、何とか役目を果たせたかと思います。
a0373514_19461256.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-22 23:00 | イベント参加 | Comments(0)

愛媛県の伯方島から、しまなみ海道、山陽自動車道を経て、大阪市旭区今市の「伝楽亭」へ。睡眠不足での長距離運転はかなり疲れます。助手席には、この会のシークレットゲスト・竜宮亭無眠さん。名前とは裏腹にときどきウツラウツラ。開場の15分くらい前に到着しました。駐車場には、この会の仕掛け人・けーじさんが待っていてくれました。「伝楽亭」は週末だけ営業の素人落語喫茶のようなもの。噂には聞いていましたが、初めてお邪魔しました。こじんまりとしていてお客様が20人入ればいっぱいだそう。威勢のいい啖呵の似合う夢輔さんとの共演は2010年以来の2度目です。丹馬は3日連続の睡眠不足のため、かなり不本意な出来でしたが、企画・出演・来場の皆さまに感謝、感謝。打ち上げの後、午後10時過ぎに帰宅。四国から大阪経由の2泊3日、830kmの落語の旅が終わりました。
a0373514_19481435.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-18 23:00 | 賛助出演 | Comments(0)