三方地区老人会の総会にお声がけをいただきました。総会の前に、地元の三方小学校4年生の皆さんたちによる「三方小唄踊り」があり、拍手喝采を受けていました。続いて、地元の駐在さんの振り込め詐欺防止のお話。最近は「振り込め恐喝」というような詐欺とは言えないような手口のものもあるとか。そのあとが我々の出番です。約150人の皆さんですが、高座設営をしながら、我々の落語をよく聞いてくださっている方がたくさんおられることに気づきました。どのネタにしようかと悩みましたが、久々に「宿題」を選択。よく笑っていただきました。
a0373514_18550041.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-04-26 19:05 | 老人クラブ・老人会 | Comments(0)

時間通りに午前の部を終えて昼食休憩。いつもならホール内のレストランで昼食をとるのですが、なぜか閉鎖されていて、コンビニ弁当です。午後は1時半からの出番です。例年、午前の部よりやや出席者が減るのですが、今年は午後の部も午前の部と同じくらいの数の出席者があり、反応よく笑っていただけました。出演者は皆、午前・午後と同じ噺をするのですが、それぞれお客さまの反応によって微妙に変わります。すると、時間も微妙に変わってきます。そのあたりも気にしながらの高座です。毎年違う噺をさせてもらっています。来年度も呼んでいただけたら、どの噺をしようか?なんて、いまから考えています。「全国子ども落語大会」へのご協力、ありがとうございます。
a0373514_15345920.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-04-17 23:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

神戸市の老人大学は老眼大学といいます。変わったネーミングですが、「老」は「人生経験が豊富で世間から尊敬される人」、「眼」は「心眼、慧眼(けいがん)など、物事の善悪真偽や要点を鋭く見分ける優れた力をもつ眼」を意味するのだそうです。4年連続でお声がけをいただき、開講式は3年連続でつとめさせていただいております。ありがたく嬉しいことです。キャパ2040の神戸文化ホール大ホールで、午前・午後の2回の口演です。午前の部は10時20分開始ですが、6時50分に八鹿を出て、河鹿さんの車で一路、神戸へ。会場には9時前に到着しました。老眼大学の会員はやや減少したそうですが、それでも3800人。午前の部には1700人くらいが出席されたようです。たくさんのお客さまの大きな笑い声はとっても心地のいいものです。
a0373514_15282695.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-04-17 22:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

笑福亭鶴笑さんとのご縁で、ついに実現しました!「ふるさと元気!落語会in永楽館」。たんたん落語会から2人、いずし落語笑学校から2人、たんたん落語笑年団から2人が笑福亭鶴笑さんと共演です。鶴笑さんは毎回2席の予定です。子どもと大人、アマとプロが一緒になってつくる落語会。こんな落語会はおそらく他にないと思います。会場は近畿最古の芝居小屋・永楽館。こんな恵まれた落語会に出演できて、ほんとうに幸せです。爆笑の連続で、小屋が揺れているよう。お見送りのときのお客様の満足そうな笑顔が何よりもの褒美でした。お客さまは161人。目標に届きませんでしたが、充実感・達成感のある落語会でした。次回は7月12日(木)の夜の予定です。さらに多くのお客さまに楽しんでいただけるよう、頑張ります。
a0373514_22434539.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-04-08 23:00 | ふるさと元気!落語会 | Comments(0)