マツダ労組の「やる気応援プロジェクト」の「落語観笑会」に久しぶりにゲスト出演させていただきました。いつもお世話になっている笑福さんに4年前の第1回にお声がけをいただいたのを鮮明に覚えております。それから回を重ねて早くも第20回だそうです。ときどきご一緒させていただいているぶ生さん、大学生のときに共演したことがある丈二さん、この会のレギュラー笑福さん、そして今回初めてご一緒させていただくみっちさん。それぞれ味のある上手な方ばかりです。そんな中で丹馬だけ2席もやらせていただいて申し訳ないです。ご期待に応えるべく一生懸命やらせてもらいました。終演後、広島駅前の「博多ぶあいそ」で打ち上げ。笑福さんのまわりの応援団の皆さん、いいですネ。広島はいつも温かいです。
a0373514_08215955.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-30 23:00 | 賛助出演 | Comments(0)

「落語inおおや!」まで約1か月となり、その広報のため担当の岩見さんとともに養父市の市役所にて記者会見を行いました。新聞写真用に着物を着て臨みましたが、効果はあったのかな?
a0373514_08152098.jpg


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-25 23:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

予選の2会場でお客さまの投票によって選ばれた8人が出演する「決勝大会」は12時半開場、13時開演です。気温33℃の暑さの中、出石永楽館の前には開場を待つ長い行列ができ、300人を超えるお客さまにご来場いただきました。出演順は前日の交流会のときに抽選で決定しています。最初のだんごちゃんから会場は大きな笑いに包まれました。審査員はお客さまです。「応援と審査は別」「公平・公正な審査を」とお願いしました。しかし、順位をつけるのは本当に難しいです。お客さまもそれぞれ悩みながら審査用紙を提出してくださいました。マエストロ足立さんの高座の間に集計です。1位3点、2位2点、3位1点として合計点を算出し、最優秀賞、優秀賞、永楽賞を決定しました。20分間で集計でき、すぐに表彰式に移ります。入賞者には出石焼の盾、決勝進出者8人には豊岡の「こうのとり米」5kgをプレゼントしました。結果は次の通りです(敬称略)。
最優秀賞 日日是晴天丸(小6・奈良)「書割盗人」
優秀賞  独楽家なおい丸(小6・大阪)「お忘れ物承り所」
永楽賞  日日是春里天丸(小2・奈良)「ん廻し」
a0373514_10132579.jpg
大会の開催にあたり、たくさんの皆さんのご協力、ご支援を賜りました。ここに改めて厚く御礼申し上げます。盛況のうちに終えることができ、ひとまずホッとしておりますが、反省点も多々あります。それらをどう改善するか、実行委員会で話し合って早速来年の第2回に向けて始動したいと思っています。

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-24 21:00 | 子ども落語大会 | Comments(0)

決勝大会の前に、予選大会参加者とそのご家族を対象に「子ども落語教室」を開催しました。落語の周辺の知識を深めたり技能を身につけたりしてもらおうという企画です。まずは全員で芝居小屋について学びます。赤浦館長から舞台裏や奈落、花道などについての説明を受けました。続いて、希望の班に分かれます。①寄席太鼓を叩こう! ②落語のイロハを学ぼう! ③着付けを学ぼう! ④城下町で江戸時代を知ろう! ⑤色物に挑戦しよう! の5つの班です。11時20分に解散して各自で昼食を食べたあと、いよいよ午後は決勝大会です。
a0373514_09580705.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-24 20:00 | 子ども落語大会 | Comments(0)

「予選大会」の終了後、城山ガーデンを会場に5時半受付開始、6時開宴で「子ども落語家交流会」を開催しました。実行委員会代表、まちづくり公社社長のご挨拶のあと、乾杯。子ども落語家とそのご家族、実行委員会スタッフなど、総勢88人でワイワイガヤガヤと、落語談議に花を咲かせました。出演者の皆さんのひとこと、下座の皆さんのひとことなどのあと、予選大会のお客さまの審査結果の発表です。各会場4人ずつ、計8人の決勝進出者が発表されました。喜ぶ顔、ちょっと悔しい顔、びっくり顔、…いろんな顔が見られました。選ばれた人には、選ばれなかった人の分まで頑張って、明日の会場を笑顔でいっぱいにしてもらいましょう。事務局はこれから明日の決勝大会のプログラムづくりです。
a0373514_16384359.jpg


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-23 23:00 | 子ども落語大会 | Comments(0)

予選の第2会場は、勝林寺さんの本堂です。第1会場とは蕎麦屋さんを1軒はさんで並んでいます。こちらのお囃子は千里家やん愚さんと将軍亭猶朝さんが担当です。こちらも開場前からどんどんお客さまがご来場です。100名を超えるお客さまで座布団が不足するほどです。晴れれば出演者の皆さんに矢野家で着替えてもらい、町の中を着物で歩いてもらう予定でしたが、小雨が降っていたのでお寺で着替えてもらうことにしました。第2会場の出演者は13名です。古典落語あり、新作落語あり、短めの小噺あり。両会場とも制限時間(13分以内)をオーバーする人は1人もありませんでした。大きな笑い声が会場の外まで聞こえていたそうです。
a0373514_13473783.jpg


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-23 19:00 | 子ども落語大会 | Comments(0)

「第1回 出石永楽館・全国子ども落語大会」の開幕です。出演者の募集開始から約4か月。ついに、この日がやってきました。まずは「予選大会」です。エントリーしてくださった28人のうち、残念ながら1人が欠席。27人の出演者の皆さんには、12時半~13時に受付をしてくださいと連絡していたのですが、12時半には出演者の皆さんすべてが到着されていました。第1会場は出石永楽館に近い福成寺さんの本堂です。この落語大会のウリの1つは、お囃子がナマであることです。第1会場のお囃子は、千里家一福さんと迷探亭小ん南さんが担当。開場前から会場内に三味線・太鼓の音が響き渡りました。開場の13時半からたくさんのお客さまにご来場いただき、14時開演。審査方法などの説明のあと、14人の噺を聴いていただきました。最初からよく笑っていただきました。「みんな上手で、審査は難しいわぁ」の声がたくさん聞かれました。
a0373514_13242387.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-23 18:00 | 子ども落語大会 | Comments(0)

豊岡市出石町の大谷区敬老会に初めてお邪魔いたしました。お祝いの対象となるお年寄りだけでなく、若い方にもお声がけをいただき、たくさんの方にお集まりいただきました。6日後に迫った「出石永楽館・全国子ども落語大会」に向けて、そよかぜちゃんはネタおろしの「動物園」です。NHKのTVカメラも入り、やや緊張ぎみでしたが、たくさんの笑いとたくさんのおひねりを頂戴しました。ありがとうございます。自信がついたと思います。6日後が楽しみです。
a0373514_21531699.jpg


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-17 22:01 | 敬老会 | Comments(0)

豊岡市出石町の福住地区には、文化祭には何度か出演させていただいていますが、今回は敬老会に初めてお邪魔いたしました。多くの場合、地区の公民館で敬老会が開かれるのですが、福住地区は毎年どこかのお店に行って敬老会をされるそうです。今年は、出石町内の「寿し処・葵」というお寿司屋さんが会場です。11時から開会で我々の出番は11時15分からと聞いていましたが、皆さんが到着されたのが10時半。11時前には会が始まってしまいました。「全国子ども落語落語大会」に向けて、あいすちゃん、まろにぃちゃんともに上々の仕上がりです。2週間後が楽しみです。
a0373514_20354368.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-06-10 20:36 | 敬老会 | Comments(0)