人気ブログランキング |

昨年12月から1か月に2回、計8回の稽古会でしたが、たった3か月余りでこんなに上手になるのかとびっくりするくらいの上達ぶりでした。6人のうち3人は初めての高座なのに、お客さまの笑いを待つ余裕があるのには驚きです。お客さまの笑いを想像しながら家でかなり稽古されたのだろうと思います。ほんとうに立派でした。開口でまろにぃちゃんが会場をほどよく温めてくれましたし、温かいお客さまの雰囲気にも助けられました。落語という芸は、仲間やお客さまと一緒につくりあげるものだというのを改めて感じた次第です。今後、三木市内のあちこちからお声掛けを頂いて出演の機会を増やしていただければ、さらにどんどん上手になっていかれることでしょう。アマチュア落語仲間の輪がまた一回り大きくなりました。嬉しいことです!
a0373514_22244179.jpg
写真撮影:けーじさん

by tokiudon-otamausi | 2019-03-31 22:40 | 落語教室 | Comments(0)

3月31日(日)の「三木落語笑学校修了発表会」に向けて最後の稽古会を終えました。あと6日で本番です。人を笑顔にするにはまず自分が笑顔になりましょう! たんたん落語笑年団のなべやまろにぃちゃんが応援に加わります。もちろん丹馬も出させていただきます。三木市やお近くの皆さまのたくさんのご来場、お待ちしております。3か月あまり頑張って稽古してきた成果をぜひ見てください、聴いてください。入場無料です。
a0373514_09495284.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-25 23:00 | 稽古会 | Comments(0)

隣乃玄関さんの地元で、隣乃玄関さんと大亭都若さんが2か月に1度のペースで続けておられる「平野落語会」に、五月家小亀さん、柱祭蝶さんとともにゲスト出演させていただきました。開演2時間前に会場に着き、高座設営のあと、近くのお寿司屋さんで昼食。会場に戻って来ると、もうお客さまが座っておられます。毎年1月にお邪魔している都由乃会の皆さんも団体でご来場くださいました。おかげさまで椅子をたくさん追加するほどの大入りとなりました。最年長の小亀さんが最も芸歴が浅いという不思議な会でしたが、出演者それぞれ個性的で楽しんでいただけたのではないかと思います。丹馬はハメモノがたっぷり入る「幸助餅」をやらせていただきました。三味線のまきぞうさん、太鼓の都若さん、おかげさまで気持ちよくつとめさせていただきました。お客さまにも落語仲間にも感謝、感謝です!
a0373514_21472620.jpg


by tokiudon-otamausi | 2019-03-24 22:05 | 賛助出演 | Comments(0)

出石永楽館に備え付けの見台・膝隠しができました。もちろんプロの作品です。でも、膝隠しに紋が入っていなかったので、丹馬が永楽館のロゴマークを手彫りして付けさせてもらいました。少し荒削りなのですが、それはそれで味があるかと。
a0373514_21460502.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-23 21:54 | Comments(0)

NPO法人コミュニティ日高の広報誌「コミュニティ日高だより」VOL.36に、1月19日に開催していただいた「第7回来夢新亭寄席」の様子を載せていただきました。
a0373514_14500313.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-22 14:50 | 新聞記事など | Comments(0)

神河町寺前の最明寺の「お彼岸講演会」に初めてお声掛けをいただきました。寺前駅のすぐ近くです。但馬と違って積雪は少ないのかもしれませんが、雪が積もると車の運転は不可能というような急な坂道を登っていくと最明寺。目の前に寺前の町を見下ろす絶景が広がります。到着すると、もうすでに立派な高座ができあがっています。聞けば、大阪産業大学の落語研究会出身の方が寺総代で準備をしていてくださいました。桂文珍師匠の大学時代の後輩とのこと。丹馬は文珍師匠の高校の後輩です。出番前に懐かしい話をさせてもらいました。あいにくの空模様でしたがたくさんの皆さんにお集まりいただき、河鹿さん・はにぃちゃんと一緒に1時間20分、たくさん笑っていただきました。終演後は美味しいぜんざいを頂戴しました。感謝! またぜひお声掛けください。
a0373514_20505439.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-21 20:59 | 寺院行事 | Comments(0)

香美町隼人区の出番を12時に終えて、豊岡市但東町へ車で移動です。午後14時開会予定の高橋地区公民館に到着したのが13時25分でした。但馬は広い! 高橋地区公民館の「いちょう学級」の閉講式には昨年も呼んでいただきましたので、お馴染みの皆さんです。本来は河鹿さん、まろにぃちゃん、丹馬の出演予定でしたが、河鹿さんの都合が悪くなり小ん南さんに代演を頼み、まろにぃちゃんが体調不良でそよかぜちゃんに代演を頼みました。小ん南さん、小噺の連発で30分頑張ってくれました。丹馬の「打飼盗人」で1か所だけ銅鑼が入るところがありますが、そよかぜちゃんがいいタイミングで「ゴ~~~ン」と鳴らしてくれました。
a0373514_21042208.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-17 21:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

香美町「隼人区敬老会」

香美町の奥佐津の隼人区の敬老会に初めてお声掛けをいただきました。但馬各地にお邪魔しているつもりですが、まだまだ通ったことがない道があります。隼人区の敬老会の対象者は70歳以上で40人いらっしゃるそうですが、参加者は26人。区の役員の皆さんや世話役の皆さんも入って一緒に聴いていただきました。そよかぜちゃんと丹馬で1時間。そよかぜちゃん、「浮世根問」はもうすっかり自分のものになっています。丁寧に演じていました。丹馬は久しぶりに「火焔太鼓」。お昼ご飯を用意していただいていたのですが、一緒にいただく時間がなく、パックに詰めていただいて次の会場に移動です。車の中で炊き込みご飯のおにぎりを頂戴しました。感謝!
a0373514_20543130.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-17 20:00 | 敬老会 | Comments(0)

「わいわい亭」も15回目を数えました。「出石初午」前夜祭のイベントとして定着しつつあります。メンバーはそれぞれ仕事上でも町の中でも責任のあるポジションにつかれていてお忙しい人たちです。しかし、そのわずかな合間を利用して噺の稽古をされ、「出石の町を元気にする!」を合い言葉に奮闘されています。仕上がりが少々心配だった方も本番では何とか演じきってくれました。子どもたちの演技力は大したものです。やるたびに上手くなっていくのがわかります。また、お客さまの反応もとっても温かく、はにぃちゃんの「まめだ」で、その噺の世界にお客さまがぐんぐん引き込まれていく空気感を舞台袖で心地よく感じていました。落語会は演者だけでなく、お客さまと演者が一緒になってつくりあげていくものだということを改めて感じた「わいわい亭」でした。ご来場の276人のお客さまに心から感謝いたします。
a0373514_13240000.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-14 23:00 | わいわい亭 | Comments(0)

但馬民主商工会は毎年3月13日に集会をもち、会員の皆さんがまとまって税務署に申告に行かれるそうです。その集会のはじめに笑って気分をほぐしていただこうということで、我々にお声掛けをいただきました。しかし、会場には「重税反対但馬総決起集会」の幕。どうも笑える雰囲気ではなかったようで、はにぃちゃんの南京玉すだれから硬い雰囲気のまま噺に入りました。笑顔で聴いていただいているのですが、なかなか笑い声につながりません。反応が薄く演者のテンションも上がらないまま、40分の持ち時間を終えました。さらに、丹馬は高座から降りるときに、踏み台が移動してスッテンコロリン。皆さまにご心配をかけることになってしまい、申し訳ないです。ちょっと落ち込んでしまうきょうの高座でした。
a0373514_21220948.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-13 21:51 | 研修会 | Comments(0)