人気ブログランキング |

東京目黒「ふじや寄席」

指折り数えたら13年ぶりのお江戸です。千壱夜舞歌さんのお声掛けで目黒区三田の「そば処藤屋」さんで開催されている「ふじや寄席」にお招きいただきました。10時半に家を出て京都までが2時間半、京都から東京・品川までが2時間4分。16時に会場近くのホテルに到着。なんだ?この京都までの遠さは。会場は落ち着いた雰囲気の蕎麦屋さんです。常連のお客さま中心の30余人限定の落語会です。丹馬の姪と教え子のお友達も入れていただきました。出演は、「落語inおおや!」にも来ていただいた実力者、二松亭風林火山さんとぽんぽん亭遊月さん。お二人のパワーをいただいて、丹馬も何とか2席を気持ちよくつとめることができました。店内にスズムシを飼っておられて、このスズムシが遊月さんの「幽霊の辻」の恐る恐る夜道を歩くシーンでリーンリーンと鳴くという、タイミング良く予期せぬハメモノが入り、効果満点でした。丹馬の「お玉牛」にもハメモノが入りますが、こちらは千壱夜社中の皆さんにホンモノの三味線・太鼓を入れていただきました。藤屋の皆さん、ご来場のお客さま、ありがとうございました。共演の皆さん、千壱夜社中の皆さん、企画の舞歌さん、お疲れ様でした。藤屋のお蕎麦をご馳走になりました。感謝!
a0373514_11124006.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-08-31 23:00 | 賛助出演 | Comments(0)

日本海に面した兵庫県立浜坂高校の文化祭にご招待をいただきました。1学年2クラス、計6クラスの普通科高校です。8月26日から早くも2学期が始まり、きょうは文化祭の初日です。丹馬の元同僚や顔見知りの先生方も多く、気持ちよく高座準備も手伝っていただきました。1クラスの演劇発表があり、その後が我々の出番です。麒麟獅子舞の伝統芸能にも取り組んでいる高校生たちなので、開口の白もちくんの小噺でドッと来るかと思ったのですが、笑いをグッとこらえたような反応。シャイな生徒さんたちです。ニコニコといい笑顔で聴いてくれているのはよく見えるのです。もっと大きな声で笑っていいんですよ。落語を初めてナマで聴くという生徒さんも多いので、古典落語の入門編のようなわかりやすい噺を聴いていただきました。終演後は、出演者みんな揃って近くのホテルで昼食。お得感満載の日替わりランチを頂きました。
a0373514_21574549.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-08-30 21:42 | 文化祭 | Comments(0)

たんたん落語笑年団との落語ツアーの2日目の会場は、江田島市の能美島の長徳寺です。広島市牛田新町の神田山荘を9時前に出発して、平和公園に立ち寄り、音戸大橋から能美島へ向かいますが、またしても途中で先頭車を見失ったり、はぐれてしまったり。4台一緒に行動するのはなかなか大変です。2日目も瀬戸内の美しい風景を眺めながらのドライブです。狭くて急な坂道にびっくりしながら、正午前に会場に到着。すぐに高座の設営。昼食を済ませて着替えていると、もうお客さまがご来場です。若い方も来てくださって約40人のお客さま。丹馬の大学時代からの友人2人も聴きに来てくれました。子どもたちもたくさん笑ってもらって気持ちよく演じることができました。木戸銭は無料なのですが、たくさんのご厚志も頂戴しました。ありがとうございます。夕食にラーメンを食べて帰路につきましたが、帰宅したのは深夜0時。疲れたけれど楽しかった。聴きに来てくれた友人からは「めちゃくちゃ楽しかった!」「子どもたちの落語、本当にびっくりでした」というメールが届きました。来年もぜひ!という声多数。今年の反省を踏まえてまた企画したいと思います。出演者の皆さん、同行の皆さん、お疲れさまでした。そして何より、ご来場のお客さま、会場を提供してくださった良鎮寺さま、長徳寺さまに感謝、感謝です。
a0373514_20564262.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-08-25 23:00 | 地域寄席 | Comments(0)

広島の秋風亭てい朝さんのご協力を得て、たんたん落語笑年団の子どもたちとその保護者の皆さんとともに広島へ1泊2日の落語ツアーです。1日目の会場は、広島県呉市豊浜町の豊島にある良鎮寺です。早朝6時、ようか但馬蔵に集合して総勢14人、車3台に分乗して一路豊島へ。呉市仁方でてい朝さんと合流し、豊島に着いたのは正午過ぎです。車1台がやっと通れる細い道を上がっていくと良鎮寺。豊浜大橋を見下ろす絶景地です。てい朝さん持参の高座セットを設営し、各自がコンビニで調達した昼食を済ませて「瀬戸内落語会」の開演です。地元のケーブルTVで告知していただいたこともあって、本堂にご来場いただいたお客さまは予想以上の46人。ナマの落語を聴くのは初めてという方もおられました。たんたん落語笑年団の子どもたちの「小噺合戦」からよく笑っていただきました。約2時間半の落語会。終演後、笑顔のお客さまをお見送りして、宿の神田山荘に向かいます。渋滞もあり前の車を見失ったりして、宿に着いたのは19時過ぎでした。大芝水門の花火を近くに、宮島の花火を遠くに見ながら打ち上げと入浴。大人も子どもも笑顔で初日を終えました。
a0373514_16064341.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-08-24 23:00 | 地域寄席 | Comments(0)

丹波篠山市の高齢者大学「たんなん学園」の8月一般教養講座の講師としてお招きいただきました。会場は、四季の森生涯学習センターのホールです。キャパ514席。ここが満席とは言えませんが、適度に隙間のある程度の受講生の皆さんにご参加いただきました。高座もめくり台も名ビラもちゃんと用意していただいていて助かりました。タイトルは「笑い力向上講座・一笑一若」。そこで、「笑いの効用」から「笑いの準備体操」のお話をさせてもらって、落語を2席聴いていただきました。河鹿さんと二人で90分です。河鹿さんは小噺、ピアニカ、リコーダー、南京玉すだれもたっぷり。反応の良いお客さまで気持ちよくつとめさせていただきました。
a0373514_16471058.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-08-23 16:47 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)