第77回目の「八鹿病院寄席」です。最近は入院患者さんだけでなく、外部からの方も来てくださるようになり、大きな笑い声が起こるようになってきました。ありがたいことです。いつもの「笑いの準備体操」から始まって3人で1席ずつ。腰痛のまろにぃちゃん、それを感じさせずに演じましたが、河鹿さんがばらしてしまいました。
a0373514_19492856.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-07-08 19:54 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)

第73回目の「八鹿病院寄席」です。今回も研修ルームで開催です。たいてい「笑いの準備体操」から入るのですが、これをカットしたため、小ん南さんの噺の途中に入って来られる方が多くて、ハプニングがありました。また、丹馬の噺のいよいよクライマックスというときに、体調不良の患者さんが出てバタバタと退室されるというハプニングもありました。病院ですので致し方ありませんが、ハプニングではじまり、ハプニングで終わった落語会でした。終演後、「第1回キッズ落語北海道大会」に参加していた、なべやまろにぃちゃんが「審査委員長賞を受賞!」という嬉しい知らせが飛び込んできました。
a0373514_21201006.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2017-11-12 21:31 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)

八鹿病院寄席が13年目に突入です。今回はいつもの講堂ではなくて研修ルームですが、この部屋のほうがお客様との距離が近く、よくウケるような気がします。いつもの「笑いの準備体操」から皆さんが積極的に参加してくださって、楽しくやらせてもらいました。まろにぃちゃん、ここでは長いバージョンの「親子酒」。臨機応変に対応できるのはさすがです。マエストロさんの手作り楽器の演奏も大ウケでした。
a0373514_19563683.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! ありがとうございます。お蔭さまで1位です。


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2017-09-03 20:02 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)

今回の会場は研修ルームです。講堂より狭いのですが、狭いほうがウケがいいようです。開演前は硬い雰囲気になりそうかなと思っていましたが笑いをリードしてくださる女性のお客さまのおかげで、開口の小ん南さんからよく笑っていただきました。丹馬は久々の「崇徳院」で、舌がもつれてばかりで、お恥ずかしいような高座でしたが、笑っていただけて一安心。退屈な入院生活の中で、笑えるひとときを過ごしていただけたようで、終演後、お客さまから嬉しい言葉をかけていただきました。
a0373514_21233071.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2017-03-12 23:00 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)