人気ブログランキング |

タグ:出石永楽館 ( 35 ) タグの人気記事

豊岡市に移住された女優の河合美智子さんとサンテレビ・アナウンサーの中村麻里子さんが出石永楽館から生中継ということで、先日行われた「第2回出石永楽館・全国子ども落語大会」の最優秀賞受賞者のなべやまろにぃちゃんに出演依頼がありました。前夜に「1分程度の小噺をやって欲しい」という依頼を受けて、いろいろ考えて「鼻の下」を選択。生放送だけに心配で付き添いましたが、さすがです。堂々と演じてくれました。本人は大会のときより緊張したそうですが、出演していないお母さんや丹馬のほうが緊張していたと思います。河合美智子さんに喋りや表情を褒めていただいて、本人も丹馬も嬉しくなりました。感謝。元AKB48の中村麻里子さんと河合美智子さんとのスリーショット。お宝写真です。
a0373514_23274355.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-06-25 23:39 | ラジオ・テレビ出演 | Comments(0)

「歓迎!永楽館落語会」

出石に観光にお出でになったお客さまに出石永楽館で落語を聴いていただこうという企画です。今回のお客さまは愛知県からお越しのJAあいち知多ふれあい旅行の皆さんです。バス3台で118名の皆さんに出石永楽館での落語と館内見学を楽しんでいただきました。予定の時刻より40分くらい遅れての到着でしたが、予定通り20分のお喋りにおつきあい願い、反応よく笑っていただきました。出石の観光の後、日和山遊園に向かわれました。
a0373514_22573007.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-06-25 21:00 | コラボ | Comments(0)

出石町の寿会連合会が5年前から毎年開催されている「永楽ショー」にゲスト出演させてもらいました。地元の芝居小屋・出石永楽館を使って自分たちの芸を披露し合いながら楽しい時間を過ごそうというイベントです。当初は笑年団の子どもたち3人だけで出演する予定だったのですが、時間ができたということで丹馬も出演させてもらいました。名物司会者から「かわいい子が登場します!」と紹介されて丹馬が出るだけで爆笑です。反応のいい約280人のお客さまの前で気持ちよくつとめさせていただきました。子どもたちは1週間後の「全国子ども落語大会」に向けて最後の仕上げです。みんな上手に演じました。ひなちゃん、これまでで一番!の出来でした。つき蔵くんは初めての長い噺のネタおろしでしたが、お客さまを最後まで引きつけ、じゅうぶん聞かせてくれました。トリのそよかぜちゃん、地元のスターと紹介されていましたが、これまた堂々と演じ、きっちり笑いをとっていました。終演後、みんなで遅めのお昼ごはん。出石蕎麦をいただきました。
a0373514_20050212.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-06-15 20:20 | 老人会・高齢者の集い | Comments(0)

日曜日の朝7時から放送の読売テレビ「遠くへ行きたい」で紹介していただきました。虻川美穂子さんが城崎、出石、但東を訪ねる中で、出石永楽館に来られました。鳥肌亭ピリカさん、Q亭はにぃさんが登場し、それぞれ仕事の傍ら落語に取り組んでいる様子が紹介されました。そして、ついでに私たちの写真も出していただきました。丹馬が書いた名ビラ、丹馬が彫った見台の「〇に永」の出石永楽館のロゴもチラッと映していただきました。
a0373514_18562322.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-05-19 21:00 | 新聞記事など | Comments(0)

地元出身の噺家・笑福亭鶴笑さんのお声掛けで始まった「ふるさと元気!落語会」の第3回目です。14時開演ですが、早いお客さまは12時から並んでおられました。表が混雑するのでロビーまで入っていただいて開場を待っていただきました。13時半、まろにぃちゃんの一番太鼓で開場です。開口の河鹿さんから大ウケで、最後まで出石永楽館が大きな笑いに包まれました。プロとアマ、大人と子ども、人間と人形、そして演者とお客さまが一緒につくりあげる落語会です。トリの鶴笑さんの「あたま山」では小ん南さんが太鼓、そよかぜちゃんがドラを担当、染陶さんの音響ともバッチリ合ってハメモノもうまくいきました。会場は大爆笑で涙を流して笑っているお客さまが続出です。たくさんのお客さまと握手、笑顔で帰路につかれるお客さまを見て、出演者もみんな嬉しくなりました。次回は来年4月25日(土)の午後に開催します。いまからご予定ください!
a0373514_19563808.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-04-13 23:00 | ふるさと元気!落語会 | Comments(0)

「わいわい亭」も15回目を数えました。「出石初午」前夜祭のイベントとして定着しつつあります。メンバーはそれぞれ仕事上でも町の中でも責任のあるポジションにつかれていてお忙しい人たちです。しかし、そのわずかな合間を利用して噺の稽古をされ、「出石の町を元気にする!」を合い言葉に奮闘されています。仕上がりが少々心配だった方も本番では何とか演じきってくれました。子どもたちの演技力は大したものです。やるたびに上手くなっていくのがわかります。また、お客さまの反応もとっても温かく、はにぃちゃんの「まめだ」で、その噺の世界にお客さまがぐんぐん引き込まれていく空気感を舞台袖で心地よく感じていました。落語会は演者だけでなく、お客さまと演者が一緒になってつくりあげていくものだということを改めて感じた「わいわい亭」でした。ご来場の276人のお客さまに心から感謝いたします。
a0373514_13240000.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-14 23:00 | わいわい亭 | Comments(0)

寿イベント

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by tokiudon-otamausi | 2019-03-03 23:30 | イベント参加

いつもお世話になっている(株)出石まちづくり公社の設立20周年記念式典の祝賀会にお声掛けをいただきました。第1部が式典、第2部は「まちづくり」に関する講演会です。出石ファンをいかにして増やすかという興味深いお話でした。そして、第3部が祝賀会。我々の出番です。河鹿さんの南京玉すだれに、司会のはにぃちゃんまで巻き込んで盛り上げようとしましたが、会場のほとんどが男性でどうもノリが悪いのです。しかし、さすがは河鹿さん。徐々に男性たちを笑いの渦中に引きずり込んでいきました。丹馬は講演会が延びるかもしれないと予想して、伸縮自在の「秘伝書」。そのマクラで永楽館への熱い思いを語らせてもらいました。地元の人は案外地元の魅力に気がつきにくいものです。永楽館は出石の誇り、但馬の宝です。もっともっとその魅力を全国に発信していきたいと思います。
a0373514_21110749.jpg


by tokiudon-otamausi | 2019-02-16 21:29 | イベント参加 | Comments(0)

「歓迎!永楽館落語会」

阪急交通社のお客さまを出石永楽館に迎えての落語会。その4回目です。今回も福岡からのお客さまです。昼食を済ませて午後12時30分から開演の予定でしたが、15分ほど遅れてスタート。14名という少人数のお客さまではありましたが、じっくり聴いていただきました。終演後、玄関でお見送りしていたら、嬉しいお声掛けをたくさんいただきました。今夜は城崎温泉でカニに舌鼓を打たれることでしょう。晩秋の但馬をゆっくりお楽しみください。
a0373514_20203360.jpg

by tokiudon-otamausi | 2018-11-28 20:28 | コラボ | Comments(0)

「歓迎!永楽館落語会」

このところ毎週、出石永楽館で高座をつとめさせてもらっています。今回も福岡からお越しのご夫婦12組24人の方の前で落語をさせてもらいました。キャパ350席の永楽館を24人で借り切るわけですから贅沢な企画です。カニも解禁になり、紅葉真っ盛りのこの季節に但馬にお越しになるのはとってもいいと思います。近畿最古の芝居小屋の情緒を味わっていただけるよう、ネタも大正時代の終わり頃に設定した「薮入り」を聴いていただきました。とっても反応よく笑ってくださり、気持ちよくつとめさせていただきました。
a0373514_15122607.jpg
(撮影:はにぃ)

by tokiudon-otamausi | 2018-11-19 15:21 | コラボ | Comments(0)