人気ブログランキング |

タグ:新居浜市 ( 24 ) タグの人気記事

新居浜駅前のあかがねミュージアムに着くともうお客さまが並んでおられます。立ちっぱなしでお待ちいただくのは気の毒なのですが、ハメモノのリハを済ませて、予定通りの開場です。開場と同時にお客さまがどんどん入ってこられてほぼ満席になりました。客席後方がせり上がっているので演者はやりにくいのですが、客席からは見やすい会場です。バラエティ豊かな古典落語に漫才と紙切りが加わっていいプログラムになりました。お客さまの満足度も高かったと思います。終演後はいつもの「おばんざい処あぶら家」で打ち上げです。落語談義に花が咲き、ホテルのベッドに入ったのは午前1時頃でした。
a0373514_20154592.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-07-13 23:30 | 四国大落語祭 | Comments(0)

新居浜市市民文化センターへ移動して、楽屋でお昼のお弁当をいただきながら、落語仲間でワイワイガヤガヤ。至福の時間です。「ユネスコ寄席」は新居浜ユネスコ協会が主催で毎年この時間帯に開催です。選挙の真っ只中ということもあってか、今回はお客さまが少ないようです。キャパの割にお客さまが少ないためか、落語を聴くのが初めてというお客さまが多いためか、原因はよくわかりませんが、開口の虎や志さんの「二十四孝」から会場は硬い雰囲気に包まれたままでした。丹馬の「打飼盗人」も撃沈。ちろりさんの「トクさんトメさん」の途中からようやくほぐれ始めました。トリの栄歌さんの圧巻「愛宕山」では山登りの場面で拍手が起こるほどになりましたが、全体としてはちょっと心残りの落語会になりました。
a0373514_14223775.jpg


by tokiudon-otamausi | 2019-07-13 23:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

今年もいつものメンバーとともに「四国大落語祭」に参加してきました。昨年と同様に無眠夫妻とともに前日から新居浜入りです。回転寿司で夕食を済ませてホテルでゆっくり過ごし、体調を整えて2日間5会場に備えました。まずは「どんでん寄席」で「四国大落語祭」の開幕です。落語だけでなく、ちろりさんの「南京玉すだれ」あり、酔書さんの「紙切り」あり。極めつけはてい朝さんの「珍芸」で、これには仲間内も大爆笑です。猿之助さんの「ウクレレ動物園」もウクレレを演奏しながらの色物みたいな落語です。皆さんそれぞれ面白い芸をもっておられますし、それをとことん追究されておられます。大したものです。最初からとってもいい刺激をいただいた「どんでん寄席」でした。終演後は、新居浜市市民文化センターへ移動です。
a0373514_23102622.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-07-13 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

「四国大落語祭」の初日3回目の落語会の会場は、新居浜駅近くのあかがねミュージアムです。駅前のホテルにチェックインしたあと、会場へ。あかがねミュージアムの多目的ホールは250席。落語会にはちょうどいいキャパです。中入り前は楽しい新作落語3席、中入り後は古典落語です。他の演者が温めてくださったおかげで、トリで「八五郎出世」を気持ちよく演じ、初日を終えることができました。終演後は、いつもの「あぶら家」さんで反省会です。深夜までワイワイガヤガヤ、落語談議に花が咲きました。1年ぶりに会った方でも初めて会った方でも、毎日会っている仲間のように感じられます。落語でつながる仲間はみんな素敵な人たちです。
a0373514_20011898.jpg


by tokiudon-otamausi | 2018-07-14 23:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

「どんでん寄席」を終えて、新居浜市市民文化センターへ移動し、お弁当をいただきました。ジャンケンで一番太鼓を打つのが今度は圓九さんに決まったようです。愛媛県は豪雨被害が大きく、実は出演予定だったらくさぶろうさんのご実家も被災され、出演できなくなりました。お客さまも少ないだろうと想像していましたが、思ったより多くのお客さまにご来場いただきました。新居浜ユネスコの高校生の皆さんが募金を呼びかけ、たくさんの方がこれに応えてくださいました。出番のない丹馬は客席後方で聴かせてもらいました。らくさぶろうさんの「立ち切れ線香」が聞けなかったのは残念でしたが、来年のお楽しみにとっておきましょう。「男女の愛」というテーマの落語会を純粋に楽しませてもらいました。
a0373514_18373307.jpg


by tokiudon-otamausi | 2018-07-14 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

今年も「四国大落語祭」に参加させていただきました。豪雨の爪痕も残る中での開催となり複雑な心境ですが、ご来場くださるお客さまに笑いを届けるのが我々の役目と割り切り、一生懸命つとめさせていただきます。去年までと違って、今年は前日から新居浜市へ。無眠さんご夫妻との落語談議も楽しく、ゆっくり過ごすことができました。丹馬は、落語祭の初日のどんでんどんでの「どんでん寄席」の開口をつとめさせてもらいました。ネタに困って小噺「大仏の目」にたっぷりのマクラという申し訳ない高座でしたが、会場を温めることはできたかな。あとのメンバーは安定の高座です。今回は、関東からきさ馬さんが加わってくださり、新風を吹き込んでくださいました。「ラーメン寿限無」、面白かったです。また、虎や志さんの獅子舞が初登場。いろんな刺激を頂戴しました。
a0373514_22264991.jpg


by tokiudon-otamausi | 2018-07-14 21:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

昨年から始まった「あかがねミュージアム」での寄席。昨年、楽屋の壁に書かせていただいた我々のサインが残っていました。キャパ約250ですが、前売券がそれ以上に売れたということで、ステージ上の左右にも客席が設けられました。高座から見ると後方以外のすべての方向からお客様に見られているという、超満員です。出番のない丹馬はちょっと羨ましさを感じながら、客席後方の親子室から写真撮影に専念しました。このホールは壁が黒色を基調としているためか、自然と高座に集中できる、いいホールです。新作・創作落語が多かったのですが、内容的にはバラエティに富んでいて、楽しい落語会。小遊さんの自作の「羽根つき日和」は初めて聴かせてもらいましたが、噺の展開が面白い。こんな噺が作れるなんて素晴らしい才能です。トリの無眠さんの「文六豆腐」でグッとしまりました。1日3公演のあと、いつもの「あぶら家」さんで楽しい打ち上げ。充実の長ぁ~い一日が終わりました。

a0373514_10200659.jpg


by tokiudon-otamausi | 2017-07-15 23:30 | 四国大落語祭 | Comments(0)

「どんでん寄席」を終えてすぐに新居浜市市民文化センターへ移動。お昼お弁当をいただいている間に、早くも音合わせが始まります。この寄席の主催は新居浜ユネスコ協会で、毎年お世話になっています。今回はキャパ486席の会場としてはお客様の数がちょっと少なめ。番組的にはとっても良かったのですが残念でした。落語を初めて聴くという方にはとっても楽しい入門編的なネタが多くて楽しめましたし、そういうネタだからこそ演者の力量によって見どころ、聴きどころがあって、落語通の方も楽しめたのではないかと思います。遊月さんの「モモリン」、酔書さんの「茗荷宿」、栄歌さんの「桜の宮」など、演者としても勉強になることが多い寄席でした。
a0373514_10164611.jpg

ブログランキングに参加しています。
↓1回ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

by tokiudon-otamausi | 2017-07-15 23:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

午前4時起床のはずが2時半に起床。遠足前の子どもと同じ心持ちです。新婚の無眠・ナルねぇ夫妻と姫路駅前で6時に合流して、瀬戸大橋から四国入り。山形のさくらんぼなんぞ頂戴しながら、眠くなることもなく、最初の会場「どんでんどん」に予定通り無事到着。地元組、フェリー組はすでに到着し、会場準備はもう整っています。今回の目玉は何と言ってもヒョロビリーズの3人組なのですが、遊月さんの到着が遅れるとのことで、この会場だけ「虎や志with遊」という新トリオ、というか今回限りのトリオ。これが即席トリオとは思えない味を出して盛り上げてくれました。13回目の「四国大落語祭」の開幕です!
a0373514_10103622.jpg

ブログランキングに参加しています。
↓1回ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

by tokiudon-otamausi | 2017-07-15 13:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

四国大落語祭の第3弾の会場は、新居浜駅前にできた「あかがねミュージアム」。美術館を含む総合文化施設です。建物の構造も変化に富んでいて楽しいのですが、多目的ホールは250席で落語会にはちょうどいい大きさ。楽屋も広く、使い勝手がいいし、何よりもスタッフの心遣いが嬉しい。さらに、お客様の反応がいい。そうなると、演者のテンションも上がります。落語は演者だけでなく、お客様とスタッフ、みんなで作り上げるものだということがよくわかります。おかげさまで、丹馬も気持ちよくつとめさせていただきました。終演後はいつもの「あぶらや」さんで打ち上げ。ホテルで眠りについたのは深夜1時半ごろでした。
a0373514_20033064.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-16 23:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)