人気ブログランキング |

昼食を済ませて午後の部です。「神戸市老眼大学」の学生は4,000人もいらっしゃるので、午前・午後の2回講演になります。午前と同じ噺をするのですが「落語は生きもの」です。お客さまが変わると反応も変わりますし、それに合わせて我々の喋りも変わってきます。南京玉すだれの滑り具合も変わり、マエストロさんは楽器の種類まで一部変わりました。面白いものです。神戸市内の各地からたくさんの方に参加していただいていますので、これを機会に地元の町内の集まりなどにお声掛けいただければ、喜んでお邪魔いたします。いつものことですが、神戸市淡河町にある豊助饅頭の満月堂に立ち寄り、お茶と和菓子で軽く反省会をして帰路につきました。
a0373514_15530877.jpg


by tokiudon-otamausi | 2019-04-18 23:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

「神戸市老眼大学」に今年もお声掛けをいただきました。5年連続、開講式は4年連続です。すっかり恒例にしていただきました。午前7時に集合して9時ちょうどに会場入り。お世話をしてくださる生涯学習支援センターが教育委員会から市民参画推進局に宿替えされたそうで、開講式のご挨拶をされる方が変わりましたが、例年通りの進行です。神戸文化ホールのスタッフの皆さんが気持ちよくテキパキと動かれます。キャパ2043の神戸文化ホールの1階の1400席は満席、2階に若干空席がある程度です。学習意欲に満ちた皆さんが反応よく笑ってくださって、年間24回ある講座のうちの最初の講座(高座)を気持ちよくつとめさせていただきました。年度末にどの講座が良かったか、受講生の皆さんにアンケートをされるそうですが、我々の講座(高座)が毎年上位にランクされるのだとか。誠に嬉しいことです。
a0373514_15435154.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-04-18 22:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

時間通りに午前の部を終えて昼食休憩。いつもならホール内のレストランで昼食をとるのですが、なぜか閉鎖されていて、コンビニ弁当です。午後は1時半からの出番です。例年、午前の部よりやや出席者が減るのですが、今年は午後の部も午前の部と同じくらいの数の出席者があり、反応よく笑っていただけました。出演者は皆、午前・午後と同じ噺をするのですが、それぞれお客さまの反応によって微妙に変わります。すると、時間も微妙に変わってきます。そのあたりも気にしながらの高座です。毎年違う噺をさせてもらっています。来年度も呼んでいただけたら、どの噺をしようか?なんて、いまから考えています。「全国子ども落語大会」へのご協力、ありがとうございます。
a0373514_15345920.jpg

by tokiudon-otamausi | 2018-04-17 23:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

神戸市の老人大学は老眼大学といいます。変わったネーミングですが、「老」は「人生経験が豊富で世間から尊敬される人」、「眼」は「心眼、慧眼(けいがん)など、物事の善悪真偽や要点を鋭く見分ける優れた力をもつ眼」を意味するのだそうです。4年連続でお声がけをいただき、開講式は3年連続でつとめさせていただいております。ありがたく嬉しいことです。キャパ2043の神戸文化ホール大ホールで、午前・午後の2回の口演です。午前の部は10時20分開始ですが、6時50分に八鹿を出て、河鹿さんの車で一路、神戸へ。会場には9時前に到着しました。老眼大学の会員はやや減少したそうですが、それでも3800人。午前の部には1700人くらいが出席されたようです。たくさんのお客さまの大きな笑い声はとっても心地のいいものです。
a0373514_15282695.jpg

by tokiudon-otamausi | 2018-04-17 22:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

午後も午前と同じネタですが、お客様の反応に合わせて4人とも微妙に変わってきます。このあたりが話芸の面白さ、難しさでもあります。一生懸命のお喋りで、心地よい疲労感に包まれて、神戸を後にしました。私たちの噺を聴いてくださった4000人のお客様、ありがとうございました。来年度もまたお声掛けいただけたら幸いです。
a0373514_08034801.jpg

by tokiudon-otamausi | 2017-04-17 23:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

神戸文化ホールはキャパ2040席の大ホール。ここで開催された「神戸市老眼大学」の開講式の講座を2年連続でつとめさせていただきました。神戸市老眼大学の学生さんは4300名にもなるのだそうです。したがって、午前・午後の2回公演です。この大ホールにほぼ満席のお客様の前でやらせていただくのは、ほんとにありがたく嬉しいことです。丹馬は「八五郎出世」でトリを気持ちよくつとめさせていただきました。ホールのレストランで昼食バイキングを食べ、午後の部にそなえます。
a0373514_08000141.jpg

by tokiudon-otamausi | 2017-04-17 13:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

神戸文化ホールのレストランで昼食を食べた後、すぐに午後の部の開始です。ホールのスタッフの皆さんの手際の良い高座の設営に感心します。午前の部と同じ噺ではありますが、お客様の反応に応じて少しずつ表現が変わってきます。まったく同じ落語を再現することはありえないってことがよくわかります。落語ってほんとうに面白い。午後の部もたくさんの皆さんに大いに笑っていただき、気持ちよくつとめさせていただきました。午後の部も予定通り15時ジャストに終演。帰途、淡河の豊助饅頭を頂き、心地よい疲労感に包まれながら、神戸を後にしました。この日聴いてくださった皆さんが、地域で何かイベントをされるときに、私たちのことを思い出して、お声掛けをいただけたら嬉しいですね。ご連絡、お待ちしています。
a0373514_14361702.jpg


by tokiudon-otamausi | 2016-04-15 23:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

昨年に引き続き、神戸市老眼大学からお声掛けをいただきました。今年度は、開講式に出番を頂きました。ほんとうに有り難く、嬉しいことです。神戸市老眼大学の学生数は何と4200人だそうで、その大半の方が開講式に参加していただけます。会場の神戸文化ホールは2046席。このホールがほぼ満席になって、午前・午後の2回公演です。はにぃちゃん、出番前に緊張で震えていたのに、高座に上がると間をとって丁寧にきっちり笑いをとっていきます。河鹿さん、マエストロさんも大ウケです。2000人の方の笑い、2000人の方の拍手はほんとうに気持ちのいいものです。丹馬の「火焔太鼓」でも風刺のクスグリで大きな拍手をいただいたりして、嬉しいことです。熊本の地震のこともあってご挨拶がやや伸びたのですが、終演予定の12時ジャストに終えることができました。
a0373514_14383163.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-04-15 22:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

午前の公演は10時半~12時。ピタッと時間通りに終えて、レストランへ。美味しい天ぷらをご馳走になりました。午後は1時半~3時。午前よりややお客様の数が減るのでは?という予想でしたが、ほとんど変わらないくらいたくさんのお客様にご来場いただきました。午前中のお客様の反応が良かったのに気をよくして、午後は「笑いの準備体操」を入れてみました。2000人近い人による「アーホー」には、感動で涙が出そうでした。河鹿さんの落語を舞台袖で聴いておられた神戸市生涯学習支援センター長・福山哲郎さんが「高齢者はどうしても鎧をまとってしまうのですが、河鹿さんの話術で、鎧を外し、心を開いていくのがわかる」とのお言葉。嬉しい言葉でした。「また、来年も…」なんてお声がけをいただきました。実現すればありがたいことです。
a0373514_20164822.jpg

by tokiudon-otamausi | 2015-06-16 23:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

神戸市生涯学習支援センターの「老眼大学」の講師としてご招待いただきました。「老眼大学」の「老」は大老、長老など、人生経験豊富で世間から尊敬される人物のこと、そして「眼」は心眼、眼力など、物事の本質を見抜くことの意味だそうです。会員が約4000人もいらっしゃるということで、会場は神戸文化ホールの大ホールで午前午後の2回公演という夢のような高座を用意していただきました。大ホールのキャパは2043席。先日、ウイーン少年合唱団が公演し、明日は歌舞伎、来月はロシア国立交響楽団が演奏するという、とにかくでっかいホールです。ここにほぼ満席のお客様。ホールが大き過ぎて落語には不向きなのでは?と心配しましたが、とっても積極的な反応のいいお客様で気持ちよくつとめさせていただきました。朝5時に起きて、車で約2時間かけて来た甲斐がありました。
a0373514_20194404.jpg

by tokiudon-otamausi | 2015-06-16 22:00 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)