人気ブログランキング |

お昼弁当を頂戴して、午後も西條神社が会場です。が、午前中よりお客さまの数は少なめで、やはり豪雨の影響は大きいようです。前日、圓九さんの出演回数がなぜか少ないことが判明し、急きょ番組に「刻うどん」が加わりました。芸の幅が広い虎や志さんと酔書さん、難しい噺をさらりとこなす栄歌さんとてい朝さん、いずれ劣らぬ名人上手の間に挟まれて、丹馬は二松亭ちゃん平さん作の「学校へ行こう」をやらせてもらいました。終演後は、伯方島へ移動して反省会という名の打ち上げ。海の幸をたくさんいただいて、満腹、満足。恒例のアンケート読みで大笑いしながら、夜が更けていきました。
a0373514_09502538.jpg

翌日の帰路、尾道に立ち寄ってみたのですが、千光寺周辺は断水でした。豪雨の爪痕の深刻さを感じながら3泊4日の落語三昧の旅を終えました。四国大落語祭のスタッフの皆さま、出演者の皆さま、そして大変な時期にご来場くださったお客さまに、改めて心から感謝申し上げます。

by tokiudon-otamausi | 2018-07-15 23:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

「四国大落語祭」の2日目の会場は、西条市の西條神社です。会場の参集殿の片側には、豪雨の被災地に送る救援物資が並んでいます。虎や志さん扮する獅子舞Qちゃんの舞で、厄払いです。きさ馬さんの「俺の肝臓」は、なかなかの作品です。こんな新作落語を作れる才能に脱帽です。酔書さんの「寝床」を聴いて、自分も練り直してみようという気になりました。そんな刺激をいただけるのが四国大落語祭のありがたいところです。獅子舞が頭に噛みついてくれると、「かみつく(=神付く)」ということで縁起がいいそうです。しかし、獅子舞の後に高座に上がった無眠さん、「獅子に髪を抜かれました」の一言で大爆笑。一気にお客さまの心をつかまえました。トリの圓九さんの安定の「天神山」、さすがです。
a0373514_21252753.jpg


by tokiudon-otamausi | 2018-07-15 21:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

午前から連続のお客さまも含めて、午後も西條神社の参集殿にはいっぱいのお客様。写真を撮っていて、圓九さんの素晴らしさに気づきます。すべての仕草がピタッと決まるんです。圧巻は猿之助さんの「軽業講釈」。これはもう猿之助さんにピッタリのネタです。下座の皆さん、お疲れさま。毎回、打ち上げで、てい朝さんによるアンケート読みがみんなの楽しみです。今回もお客さまからたくさんのお褒めの言葉をいただきました。よく「プロの会よりも面白い!」という感想をいただきます。お世辞半分としても嬉しいものです。前の会場でトリをとった演者が次の会場で開口だったりします。プロの会ではあり得ないことですが、四国大落語祭では当たり前。トリもできる開口もできる素晴らしいメンバーがそろっています。太鼓も笛もなーんにもできない丹馬がこんなメンバーの中に入れていただいて、申し訳ないですが幸せです。伯方島での楽しい打ち上げ。翌朝、うわさの「はっさく大福」を求めてウロウロしながら帰途につきました。
a0373514_10281108.jpg

by tokiudon-otamausi | 2017-07-16 23:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

睡眠不足のはずなのに夜中に何度も目が覚め、ますます睡眠不足。しかし、それがまったく苦にならないから面白いものです。四国大落語祭の4つ目、5つ目の会場は西条市の西條神社。午前9時半からの落語会にもかかわらず、たくさんのお客様にご来場いただきました。丹馬のネタは「住吉駕籠」。ゲン直しに駕籠を回転させるところで自分も回転するクスグリを用意していたのですが、遊若さんの「反対俥」を見てカットしました。あのアクロバット落語にはかないません。酔書さんの紙切りで「だんじり」というお題が出て、切り始めたところで、お客さまから「違う!」とクレームがつくという珍事もありました。が、これに丁寧に対応する酔書さんはさすが。人気のハッピーコンビの漫才も間近に見られて、お客様は大喜びでした。
a0373514_10243100.jpg

ブログランキングに参加しています。
↓1回ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村

by tokiudon-otamausi | 2017-07-16 13:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

西條神社の参集殿でお弁当をいただいて、午後の公演の準備。移動がないので楽ですが、ゆっくりしていると早くもお客様がご来場です。午前の部よりも出かけやすいのでしょうか、愛媛のスター・らくさぶろうさんの人気でしょうか、午前の部よりも午後の部のほうにたくさんのお客様がご来場くださいました。爆笑の連続で、栄歌さんの噺で客席のテンションは最高潮に達しました。中入り後の2席は笑いの多い噺ではないので、どうなることかと心配しましたが、てい朝さんの巧みな話術でじっくり聴いていただく雰囲気になり、丹馬が今年の四国大落語祭のトリを何とかつとめさせてもらいました。この後、伯方島へ移動して、写真を撮るのを忘れるくらいの楽しい打ち上げ。ここにもちゃんと故・笑鬼さんの席が設けられていたことを付記しておきます。
a0373514_19552758.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-17 23:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

午前8時に宿泊先のスーパーホテル新居浜を出て8時40分には西條神社へ。会場設営をしているうちに早くもお客様がお見えになりました。もうすっかり恒例になって、今年は午前・午後の2回公演です。午前の注目は風林火山さんの自作ネタ「家康vsメカ家康」です。SF落語?歴史もの?…奇想天外! 真似のできない(ウム、したくない!)が面白い。その創作力に脱帽です。そして、トリは圓九さんの「高津の富」。圧巻の熱演に感動です。
a0373514_20010355.jpg

by tokiudon-otamausi | 2016-07-17 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

目覚し時計をセットした1分前の6時29分に目が覚め、すぐに朝食へ。そして、1時間後には西条市に向かいます。西條神社にはよく出演させてもらっていますが、ここは女性のお客様が比較的多くてとっても反応のいい会場です。落語歴4年、71歳の樽斗さんが開口で、二番手が丹馬。年齢順みたい(ちょっと違うが)で、トリは若い猿之助さんです。自作の「ほねつぎ蔵」はとってもよくできた噺で練り上げた感じ。十分にトリネタとして通用します。終了後はすぐに伯方島へと移動です。
a0373514_11265878.jpg

by tokiudon-otamausi | 2015-07-19 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

ホテル・アルファワン新居浜を7時半に出て、西條神社へ。今年もここにしかない「キティちゃんお守り」をゲットしました。ついでに合格鉛筆(五角鉛筆)も。落語会のほうは虎ふくさんの開口です。「動物園」はすっかり自分のものになっていて、ほどよく会場が温まりました。圓九さんの「火焔太鼓」を聴いて、いくつかクスグリを頂戴しました。てい朝さんの落ち着いた喋りがここのお客さまにはちょうど合うみたい。時事のクスグリもよくウケてました。無眠さんの「マキシム・ド・ゼンザイ」と酔書さんの「試し酒」で、お客様は十分過ぎるほど食べて飲んだ気になったのでは? でも…、お昼は恒例のうどん店へ。
a0373514_16555256.jpg

by tokiudon-otamausi | 2014-07-20 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

宿泊先のスーパーホテルを7時半に出発して、西條神社へ。いつものように高座をこしらえているうちに、もうすっかり顔なじみになったお客様がご来場で客席はすぐに満席になりました。今回は出番のない丹馬にも、お客様から嬉しいお声掛けをいただきました。大きな会場もいいですが、こういうアットホームな雰囲気のこじんまりとした会もいいものです。
a0373514_08094856.jpg

by tokiudon-otamausi | 2013-07-14 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)

午前7時に朝食をとり、7時半にホテルを出発。9時半開演の西條神社に向かいます。今回は、中国人の方18人が聴きに来てくださるということ。漠然と中年の男性18人を想像していたが、日本語を学ぶ大学生・大学院生でほとんどが女子学生。はたして日本の古典落語が理解できるのでしょうか。やはり彼女らにとっては難しい言葉もたくさん出てきたようですが、仕草や表情でかなり理解できたようでした。酔書さんは「たいこ腹」を予定していましたが、お客様に合わせて「紙切り」に変更。これなら世界共通で楽しめるようです。無眠さんの「幸助餅」には日本人のお客様は皆、涙、涙。前座噺、新作落語、聴かせる噺、そして紙切り…バラエティ豊かな落語会になりました。
a0373514_13131933.jpg

by tokiudon-otamausi | 2012-07-15 22:00 | 四国大落語祭 | Comments(0)