タグ:豊岡市 ( 57 ) タグの人気記事

笑福亭鶴笑さんとのご縁で、ついに実現しました!「ふるさと元気!落語会in永楽館」。たんたん落語会から2人、いずし落語笑学校から2人、たんたん落語笑年団から2人が笑福亭鶴笑さんと共演です。鶴笑さんは毎回2席の予定です。子どもと大人、アマとプロが一緒になってつくる落語会。こんな落語会はおそらく他にないと思います。会場は近畿最古の芝居小屋・永楽館。こんな恵まれた落語会に出演できて、ほんとうに幸せです。爆笑の連続で、小屋が揺れているよう。お見送りのときのお客様の満足そうな笑顔が何よりもの褒美でした。お客さまは161人。目標に届きませんでしたが、充実感・達成感のある落語会でした。次回は7月12日(木)の夜の予定です。さらに多くのお客さまに楽しんでいただけるよう、頑張ります。
a0373514_22434539.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-04-08 23:00 | ふるさと元気!落語会 | Comments(0)

豊岡市「畑上区敬老会」

豊岡市の畑上区に初めてお邪魔しました。城崎大橋を渡って楽々浦(ささうら)までは行ったことがありましたが、飯谷峠を越えたのは初めてです。知っているようでも、一度も通ったことがない道や行ったことがない地区が但馬内にまだまだたくさんあることに気づきました。我々の落語を見るのが初めてという方も多かったようですが、女性を中心にとってもよく反応してくださって気持ちよくつとめさせていただきました。「全国子ども落語大会」へのご協力、ありがとうございます。頂戴したおひねりは「全国子ども落語大会」の協賛金とさせていただきます。
a0373514_15373681.jpg



[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-03-25 15:46 | 敬老会 | Comments(0)

第14回目の「わいわい亭」の日がやってきました。丹馬は伯父の葬儀のため、開演には間に合いませんでしたが、河鹿さんの高座のときに到着。大きな笑い声が永楽館の外まで聞こえてきて、気持ちを切り替えることができました。そんなわけでそよかぜちゃんまでの高座の写真を撮ることができませんでした。申し訳ないです。子どもたちが稽古のときよりもさらに上手になっていて感心しました。問題は大人のほうです。稽古不足でどうなることかと心配した出演者もありましたが、何とか持ちこたえたり、予想以上の笑いを頂戴したり…。ありがたいお客様です。これに安堵し、慢心することなく、次回はもっと稽古して、もっとパワーアップして臨みたいものです。「全国子ども落語大会」へのカンパ、そして「ふるさと元気!落語会」のチケット購入、ありがとうございます。
a0373514_15293613.jpg


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-03-20 23:00 | わいわい亭 | Comments(0)

豊岡市但東町の高橋地区公民館で行われている高齢者教室「いちょう学級」の閉校式に、2年ぶりにお声がけいただきました。2年前と同様、河鹿さんと丹馬で1席ずつ。風邪でぎっくり腰、しかもバリウムを飲んできたばかりという河鹿さんでしたが、高座に上がると、頭でピアニカ、リコーダーの2本吹き、南京玉簾と特技を披露。そのサービス精神に脱帽です。「全国子ども落語大会」へのカンパ、ありがとうござます。近くのレストランでお昼ご飯もご馳走になりました。

a0373514_21174183.jpg

[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-03-12 21:32 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

豊岡市港地区の老人大学「みなと学園」の閉講式に2年連続でお声がけをいただきました。女性のほうが多い老人大学が多いのですが、ここは珍しく男性が頑張っておられます。約60人の元気な皆さんに笑っていただきました。終演後はお昼ごはんをご馳走になり、ビンゴゲームも。残念ながら賞品はゲットできませんでしたが、楽しく参加させていただきました。「全国子ども落語大会」へのカンパのご協力も、ありがとうございました。

a0373514_20223560.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-02-26 20:29 | 老人大学・高齢者学級 | Comments(0)

今年度の「みゅーじあむ寄席」の3回目(最終回)は、「江戸時代の食」がテーマです。まろにぃちゃんの「饅頭こわい」では、じょうよ饅頭、そば饅頭、栗饅頭などが出てきます。小ん南さんの「延陽伯」には、米、ネギが出てきますが、マクラでタケノコと酒の粕の出てくる小噺もありました。丹馬の「かぜうどん」は文字通りうどんが登場します。学芸員の前岡孝彰さんの用意していただいた資料に、江戸時代の料理番付があり、魚料理の大関は何と「めざし」でした。マグロやカツオよりもイワシのほうが好まれていたのには驚きました。歴史博物館と落語のコラボという面白い企画、来年度もぜひ発展させていきたいと思っています。

a0373514_12332382.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-02-24 21:00 | コラボ | Comments(0)

「但馬共同旗びらき」

但馬の民主団体による「共同旗びらき」にお招きいただきました。神戸大名誉教授・和田進先生の「9条改憲のねらいと背景」と題した特別講演の前の文化行事という位置づけです。実行委員会代表の硬いご挨拶と難しい講演の間に挟まれての高座ですが、憲法の話の前に健康の話(カナで書けば1字違いです)を聴いていただいて、笑っていただきました。会場には100人を超える方が結集。立ち見の方もいて、改憲問題への関心の高さを感じました。それにしても、2月になってから旗びらきとは、遅くないですか?^^
a0373514_20242788.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-02-03 20:33 | 研修会 | Comments(0)

1月の「みゅーじあむ寄席」は「江戸時代のお正月」がテーマです。河鹿さんにはこの日のために覚えてもらった「初天神」を、そよかぜちゃんには「千早振る」をやってもらい、丹馬は「薮入り」です。3席聴いていただいたあと、学芸員の前岡孝彰さんの解説です。「正月はなぜめでたいのか?」。いきなり歴史ウンチク話でトークが始まりました。カルタなどの正月の遊びの話、天神さんと25日の話など、面白い話がテンポよくいっぱい出てきました。個人的には、いろはカルタの東西比較が面白かったですね。例えば「ち」。江戸では「塵も積もれば山となる」ですが、上方では「地獄の沙汰も金次第」。上方らしくて納得です。次回は、2月24日。「江戸時代の食」をテーマに落語と歴史ウンチク話をお楽しみください。
a0373514_16394457.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-01-13 16:55 | コラボ | Comments(0)

豊岡ライオンズクラブの「新春例会」に、昨秋の「子ども落語大会」で入賞した、たんたん落語笑年団の白もちくんとまろにぃちゃんの2人をご招待いただきました。会場は、豊岡市の五荘コミュニティセンター。今回、丹馬は完全にマネージャー状態です。お客さまは33人。男性が多いので、笑いは少なかったのですが、2人ともいい出来でした。6月に永楽館で開催する「全国子ども落語大会」に向けてご支援をお願いしましたところ、2万円を超えるカンパをいただきました。食事とお土産まで頂戴し、恐縮です。帰り際に白もちくん、「きょうは来て良かった!」とニコニコ顔。感謝、感謝!
a0373514_16504014.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-01-10 23:00 | ライオンズクラブ | Comments(0)

2018年(平成30年)最初の高座は「ふれ愛亭」です。メンバーそろって元気に新年のスタート!と言いたいところですが、志ん太くんが右足骨折で出演できず、はにぃちゃんはぎっくり腰、マエストロさんは右肩脱臼、まろにぃちゃんは指の骨にひび、玄関さん、金角くんは風邪と、満身創痍のメンバーです。しかし、ほぼ満席のお客さまを前にして、そんな弱音を吐いてはいられません。誰一人手を抜くことなく、予定を20分オーバーする熱演でした(長かったという声も…)。6月の「出石永楽館・全国子ども落語大会」のカンパをお願いしましたところ、2万円を超えるご寄付をいただきました。また、たんたん落語笑年団の子どもたちに温かい激励とお褒めの言葉をたくさん頂戴しました。感謝、感謝!
a0373514_14362466.jpg

ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチッとよろしく! 大変励みになっています。


[PR]
by tokiudon-otamausi | 2018-01-06 22:00 | ふれ愛亭 | Comments(0)