人気ブログランキング |

タグ:養父市 ( 160 ) タグの人気記事

13回目の「落語inおおや!」は午後2時開演です。せっかく大屋に来ていただいたので、午前中は出演者の皆さんを明延鉱山にご案内し、一円電車にも乗っていただきました。福豆さん、白もちくんも合流して、いよいよ本番です。お客さまは大入り満員の188人。白もちくん、いつもよりかなり緊張気味です。案の定、自分で考えたマクラを全部飛ばしてしまいましたが、わずか1分間でお客さまを噺の世界に連れて行ってくれました。おかげで丹馬の怪談噺も予想以上に笑っていただくことができました。初登場の福豆さん、女性の「禁酒関所」を初めて聴きましたが、嫌味なく確実に笑いをとります。小夏さんもまた演者が女性であることを意識させない「湯屋番」、みごとです。中トリは「壺算」の酔書さん、中入りMCで爆笑をとり、中入り後も酔書さんの「紙切り」と大活躍でした。てい朝さんが「転失気」でさらりとモタレの役割を果たし、圓九さんの圧巻の「狐芝居」へ。一福さん、小ん南さんのハメモノも入り、盛り上げていただきました。出演者がそれぞれネタ出しをして決まった番組ですが、結果的に落語会全体としていい番組になったと思います。終演後は、大屋「いろり」で打ち上げです。但馬牛、高原野菜に舌鼓を打ち、恒例の近藤先生の直筆団扇をいただいて、アンケート読みに落語談義。お世話いただいた大屋支所のスタッフの皆さんが参加できなかったのが残念ですが、賑やかで楽しい打ち上げになりました。
a0373514_15285139.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-07-27 23:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

明延区の会場は、あけのべ憩いの家。一円電車が動く毎月第3日曜日には軽食喫茶になるところです。午前中に会場設営。区民63人で椅子は35脚並べました。「寝たきり以外の人はみんな来てくれる」と区長さん。その言葉がホントになりました。丹馬が到着したとき、はにぃちゃんの「寿限無」のサゲの直前でした。ジョランペットと南京玉すだれを含めて上手くつないでおいてくれました。河鹿さん、圓九さん、遊若さん、酔書さんは夏梅区へ移動し、てい朝さん、小夏さん、丹馬が到着するまでは、下座の紫よいさんとはにぃちゃんだけでしたので、ハラハラドキドキだったと思います。これが2か所同時開催の面白いところではありますが・・・。酔書さんの紙切り作品「一円電車」は、あけのべ憩いの家に額に入れて飾られることに。「出前寄席」を終えて宿泊先の但馬長寿の郷のコテージに入ったのは22時過ぎ。それから「質素な慰労会」が始まり、落語談義に花が咲き、就寝したのは日付が変わってからでした。
a0373514_14005738.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-07-26 23:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

いつもの通り、前日の2か所同時開催の「出前寄席」で今年の「落語inおおや!」の開幕です。当初は門野区と明延区で開催の予定でしたが、門野区でご不幸があり、門野区で開催できなくなりました。そこで、急遽、夏梅区に声を掛けていただいたところ、区長さんの快諾をいただき、2年連続で夏梅会館で開催となりました。朝9時から岩見さん、上垣さんとともに高座設営。午後4時に出演者の皆さんと合流して、大屋「かいこの里」の桑うどんで腹ごしらえのあと、大屋地域局から車に分乗して、夏梅会館とあけのべ憩いの家に移動します。午後7時に2か所で同時に「出前寄席」の開演です。夏梅区では急な開催となったため、開演時はお客さまが少なかったのですが、徐々に増えていき、よく笑っていただきました。丹馬は小夏さんが終わるのを待って、てい朝さんと小夏さんを乗せて、あけのべ憩いの家へ移動です。当初の計画では2会場は車で8分の距離でしたが、会場変更によって2会場の距離は車で18分に変わっています。夏梅会館を出た時点で丹馬の出番まであと16分。途中で工事のための信号もあり、どう考えても間に合いません。「はにぃちゃん、何とかつないでおいてください」と念じながら、一路、明延へ。
a0373514_12180268.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-07-26 22:00 | 落語inおおや! | Comments(0)

いつもは奇数月の第2日曜日に開催しているのですが、演者の都合で第3日曜日に変更していただきました。しかし、83回目にして初めてのことが起こりました。八鹿病院寄席のお客さまがツバナレせず、6人のみです。病院内にそれなりの理由があるのですが、ちょっと残念でした。しかしながら、ご来場いただいたお客さまには精一杯楽しんでいただこうと、3人とも一生懸命の高座です。手を抜くことはありません。次回の9月も、演者の都合で第2土曜日に変更しています。たくさんのご来場をお待ちしております。
a0373514_20045662.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-07-21 20:11 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)

養父市の広報に、先月の「出石永楽館・全国子ども落語大会」で最優秀賞を受賞したなべやまろにぃちゃんの記事を載せていただきました。
a0373514_12274660.jpg


by tokiudon-otamausi | 2019-07-12 21:00 | 新聞記事など | Comments(0)

但馬長寿の郷・郷ホールで開催された「但馬ブロックいずみ会・研修会」にお招きいただきました。「いずみ会」は地域で食生活の改善活動に取り組んでおられる団体で、但馬ブロックの会員が一堂に会して研修を深められました。他地区では男性会員もおられるようですが、但馬では女性ばかり。会場は100名を超える女性で、パワー全開です。「食」に関係の深い噺ということで、河鹿さんには「ちりとてちん」をやってもらい、丹馬はチシャが登場するので「夏の医者」(無理矢理のこじつけですが・・・)をやらせてもらいました。とっても反応良く笑っていただきました。県の朝来健康福祉事務所の皆さん、お世話になりました。
a0373514_13334931.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-07-09 23:00 | 研修会 | Comments(0)

養父市十二所の明延念法寺の信徒大会に初めてお声がけをいただきました。名の通り、元々は大屋の明延にあったというお寺で、仏教系の新宗教だそうです。100人をはるかに超える方がお集まりでとっても反応よく笑ってくださり、河鹿さんも丹馬も持ち時間をついついオーバーしてしまいました。我々の出番の後は養父警察署の署員による寸劇が予定されていました。観たかったのですが、次の会場に走らなければなりません。何しろ今日は3会場で出番です。片付けて早々に浜坂に向けて移動です。
a0373514_21074802.jpg


by tokiudon-otamausi | 2019-07-07 21:00 | 寺院行事 | Comments(0)

養父市八鹿町の万々谷区の敬老会に初めてお声掛けをいただきました。以前は、高柳地区全体で敬老会が行われており、私たちもよく出演させてもらったのですが、よりきめ細かく多くの方に参加してもらおうという配慮から区ごとに敬老会を開催することになったようです。開始時間を間違えて丹馬の会場入りがギリギリになってしまうといううっかりミスがあり、ご迷惑をおかけしました。あいすちゃんと2人で40分程度と聞いていたのですが、頼んでいたお弁当の到着が遅れそうとのことで、できるだけ長くやってくださいと言われ、あいすちゃんが10分、丹馬は50分くらい喋っておりました。あいすちゃん、子ども落語大会に向けて最後の仕上げ。もうバッチリです。豪華なお弁当を頂いて帰りました。感謝!
a0373514_22115178.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-06-16 22:27 | 敬老会 | Comments(0)

ゴールデンウィークの10連休は地域の人たちが集まるような機会がなく、私の落語の出番がまったくありませんでした。そのため4週間ぶりの高座になりました。さて、82回目の八鹿病院寄席はなぜかお客さまの人数が少なく、しかも男性の割合が多くてなかなか手強いお客さまたちでした。そんな中でまろにぃちゃんのネタおろし「老婆の休日・但馬弁Ver.」はよくウケていました。来月の「全国子ども落語大会」が楽しみです。私が教員になって最初に担任したときの生徒が来てくださいました。久しぶりの再会でした。また、お客さまで来てくださった入院中の男の子がマエストロ足立さんの手作り楽器に興味津々。自分で作ってみたくなったようです。入院中の方の励みになったようでよかった、よかった!
a0373514_19131734.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-05-12 19:07 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)

今回の「八鹿病院寄席」は、まろにぃちゃん、河鹿さん、丹馬の3人の出演予定でしたが、まろにぃちゃんが今年2回目のインフルエンザでダウン。急遽、ひなちゃんに代演を頼みました。いつもよりお客さまの数がちょっと少なめでしたが、よく聴いていただきました。奇数月の第2日曜日に開催しています。入院患者さん、付き添いの方はもちろんですが、近隣の方でも通りかかった方でも誰でもご入場いただけます。木戸銭無料です。ぜひ、八鹿病院へご来場ください。次回は5月12日(日)です。
a0373514_19153947.jpg

by tokiudon-otamausi | 2019-03-10 19:09 | 八鹿病院寄席 | Comments(0)